アニマル×エデュケーション
Animal と Education がテーマのオージー娘が綴るつれづれ日記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


家庭教師を通じて思うこと

今年は学校の仕事は臨時の仕事のみにしたおかげで、空いた時間で家庭教師や大学のショートコースの仕事をする機会が増えました。その時その時に興味のある生徒に興味のある内容を教えることができる今のワークスタイル、とっても楽しんでいます。
s-21850616_10156743189721110_487857264_n.jpg

教える科目も相手も需要に合わせて常に変動していますが、今年増えたのはピアノのレッスン。初めは勉強の後についでにピアノも教える、みたいな感じでゆるりと始まったピアノのレッスンでしたが、実は教え始めた頃は「私でいいのかな?」という気持ちでした。音楽教育を勉強したわけではないし、私にとってピアノはただの趣味のつもりだったから。それでも、「日本人の先生に教わりたい」という子がかなりいるみたいで親御さんからの問い合わせも多く、そういう子たちがせっかく「ピアノを習いたい」と思っているのに教える人がいないから始められずにいるなんてもったいない...と思って、少しずつ自分のティーチングスタイルや教材を見つけていきました。

[続きを読む]
スポンサーサイト

子供たちとネイチャーウォーク

もう2か月も前のことですが、祝日の多かった4月、カメラ片手に何度か自然界へ繰り出しました。中でも、自然の大好きな5人兄弟とそのお母さんと一緒にケアンズ市内のセンテナリーレイク自然公園でネイチャーウォークした日、子供たちと一緒に沢山の発見をしてとても楽しかったので写真をまとめてみました。
IMG_0024_201706182155321ae.jpg

一緒に歩いた子供たちのうち上3人はそれぞれ一人一台ズームデジカメを持っており、各自興味のあるものを見つけたらズームで写真を撮り同定するという、大人顔負けのネイチャーウォッチャー。見慣れた鳥や虫は図鑑を見なくても種名のレベルで同定できるほどの熟練ぶり。まだ幼い下の子二人も、歩きながら色んなものに興味津々。これは楽しいウォークになりそうだ!

[続きを読む]

転がりながら築いてきたもの

「Yukaさんの今があるのは、これまで何年もかけて築いてきた人脈の賜物ですよ。」

親しい友人のそんな何気ない一言が、自分が今いかに恵まれているかを気づかせてくれ、感謝が込み上げてきた日曜の午後。言われてみたら、確かに今週末一つとっただけでも、本当に色んな人との関わりが私の毎日を充実したものにしてくれている。今週末は特に色々な人と一緒に時間を過ごし、新しい出会い、数年ぶりの再会、いつもの仲間との楽しい時間、色々あって盛り沢山でした。ふだん記録にも残さずに過ぎていく週末のこと、こう気づけた時に書き残してみようかな。


s-IMG_1572.jpg
〈奇麗な夕焼けを背に寝床に就くキバタンの群れ。〉
[続きを読む]

転がる石に苔むさず

図1

転がる石に苔むさず という諺をご存知でしょうか。英語ではA rolling stone gathers no mossと訳されたりするのですが、実はこの諺、日本と英語圏(特にアメリカなど)では異なる解釈をされている諺の一例なんです。

日本では、苔は観賞用にわざわざ時間をかけて育てたりするように、何かが「苔むす」ことを「美しい」と捉える傾向にあります。実際日本人の私も、深い森の中で苔に覆われた大木や岩を見ると、その美しさに何か神聖な気持ちになるものです。苔は、環境の変化が少ないところにじっくりと時間をかけて育つので、苔が生えるということは、安定した状態が長く続くことを象徴し、それが国歌「君が代」の中にも歌われています。では「転がる石に苔むさず」ということわざは日本でどういうふうに使われるかというと、「あまりコロコロと仕事や環境などを変えていると何も身につかない」「一つの場所に腰を据えて時間をかけて色んなものを築き上げていくことが大切」という意味で使われるようです。実際、履歴書の職歴欄に転職歴が沢山書かれていると日本では就職に不利になるのが現実。一つの場所に正社員として長くいたという実績の方が高く評価される社会です。

一方アメリカなどの英語圏の国では、苔(moss)は“石についてしまう汚れ”というふうに捉え、上のことわざの中でいうと、苔は“長い間同じ環境にいることで知らず知らずに身についてしまう悪い癖や、偏った考え方”などを例えるそうです。つまりA rolling stone gathers no mossのことわざは、「積極的に自分から動いていれば、余計なものに惑わされず、常に新鮮でいられる」という解釈となります。履歴書の職歴欄にも、様々なジャンルの仕事をしたりコミュニティ活動をしたりという履歴がある方が「幅広い経験とスキルがある」と判断され、就職にも有利になります。


どちらの解釈もそれぞれの文化や考え方の傾向を表していて、真逆な解釈ながらも、両方に納得できるので、私はよく“国が違えば考え方も違う”という話をするときにこの諺を例に出します。

私のこれまでの人生においても、この解釈の違いをとても実感しました。今日はそのことを自分のこれまでを振り返りながらまとめてみます。


[続きを読む]

新しい風

去年いっぱいで4年務めた学校のポジションを降り、自分の生活の多くを占めていたものが一つ減りました。授業やイベントの準備、メールのやりとりなどに自分の時間の多くを費やしていたものから解放され、心に余裕ができた結果、それまで忙しくてなかなか会えずにいた人と会うことができたり、新しい出会いや数年ぶりの人との再会の機会も作ることができ、本当によかったなと思っています。体調もずっと好調で、「あれがしたい」「これもしたい」と色んなワクワク感が沸いてきて、5年前の絶好調だった時の心の感覚が戻って来ているように感じています。
s-s-IMG_1321.jpg
<ゆったりと家でガーデニングをする余裕も出てきた今日このごろ。>

[続きを読む]

次のステージへ

今年ももうすぐ終わりですね。
もう知っているかもしれませんが、実は私 今年いっぱいで4年間勤めた学校のポジションをひとまず別の方にお譲りすることにしました。

15242034_10155600139506110_9016120415346290615_n.jpg
<職場の送別会にて>




[続きを読む]

クリスマスイヤリング作りワークショップ

IMG_1186_2016121621505062f.jpg

クリスマスカード作りワークショップに続いて、もう一つ別のクリスマスクラフトワークショップのご案内です。

  テーマ:折り紙とレジンで作るクリスマスイヤリング
  日時:12月22日(木) 午前10:00~12:00
  場所:Moorooboolの私の自宅
  参加費:$20 (イヤリング2ペア分の材料が含まれます)


このワークショップでは折り紙とレジンでイヤリングを作ります。クリスマスらしく、見た目がゴージャスなメタリック折り紙を使って作った飾りをレジン液で固めて穴を開け、イヤリングにしていただきます。デザインは、キャンディーケーン、サンタクロース、ヒイラギからお選びいただけます。かなり小さな折り紙を使うので、うまく折れなかった時のために私が折ったストックも用意しておきますのでご安心ください。自信のある方で他のデザインを折ってみたい方は、ものによってはそれも可能なのでご相談ください。


こちらはサンプル作品。
unnamed_20161216215227050.jpg 15267712_1263146433744467_2383236306702510139_n.png


使用するレジン液は直接皮膚に触れるとよくないので、作成中は取り扱いに気をつける必要があります。そのため、目の離せない年齢のお子さん連れの方や、レジンアレルギーのある方、妊婦さんにはご遠慮いただく必要があることをご了承ください。もしお子さんも連れて参加されたい方は、年齢と人数次第ではご参加いただけるかもしれませんのでご相談ください。


参加をご希望の方は、参加人数とお名前、お子さん連れの方はお子さんの年齢を教えてください。ご連絡いただいてから住所をお教えします。

連絡先:  ユカナカムラ0506◎gmail.com  (前半部分を半角英数に、◎を@に書き換えてください。)
      または、Origami Cairns Facebookイベントページにて直接お問い合わせください。

皆さまのご参加お待ちしています!





折り紙&パステル和アートクリスマスカード作りWS with ミニコンサート

ブログの放置っぷりからも見てわかる通り、今年はクレイジーな一年でした。皆さん、お久しぶりです。

あっという間にもう12月ですね。真夏のケアンズも、一気にクリスマス一色です。雪の結晶のオブジェとか、色んな意味で溶けそうですが。というわけで、クリスマス関連のイベント情報のお知らせを2本続けてポストします。

sample origami unnamed.jpg


まず一つ目は、折り紙関係のイベントのお知らせ。
今年も例年通り、Smile With Kidsのマキさんのご自宅で、折り紙とパステル和アートを組み合わせたクリスマスカード作りのワークショップを開きたいと思います。この日の収益金はSmile with Kidsに募金させていただきます。

 イベント: 折り紙&パステル和アートクリスマスカード作りWS with ミニコンサート
 日時: 12月20日(火)  午後1:00~3:00
 場所: Kewarra Beachのマキさんのご自宅
 対象: 折り紙が折れて絵が描ければどなたでも
 *参加費:  大人$20 子供$10 (カード5枚、お茶、おかしとミニコンサートが含まれます)
 *カードを作らない小さなお子さんは無料です。


今回は合同ワークショップということで、パステル和アートと折り紙の2種類のアートを自由に組み合わせたオリジナルなクリスマスカードを作っていただけます。例えば、表はカラフルな折り紙でデコレートして中にはソフトなタッチのパステル画とメッセージを描いたり、親子でご参加の方はお母さんやお父さんのパステル和アートのカードにお子さんの折り紙を貼るのでも構いません。柔らかいタッチのパステル和アートと、色鮮やかな折り紙を自由に組み合わせて、世界に一つだけのクリスマスカードを作りましょう!
カードは5枚まで作れます。もし当日に仕上げられなくても、持ち帰って家で仕上げていただくこともできます。

また今回は、ワークショップの後のアフタヌーンティーにて、日本人ウクレレクラブUkuLOVEの皆さんがミニライブコンサートをしてくれます。(私とマキさんも一緒に演奏します。)クリスマスソングを聞きながら、リラックスしてお茶とお菓子をお楽しみください。


また、皆さまからお預かりした参加費の収益金は、放射能の影響で外で遊ぶことを制限されている福島の子ども達をケアンズに呼ぶための活動をしているSmile with Kidsに募金させていただきます。リフレッシュキャンプ第二弾が2017年3月25日から予定されています。 www.facebook.com/smilewithkids

参加を希望される方は、以下をご連絡ください:
-参加人数と参加者のお名前
-お子さん連れの方はお子さんの年齢

連絡先:  ユカナカムラ0506◎gmail.com  (前半部分を半角英数に、◎を@に書き換えてください。)
または、Origami Cairns Facebookイベントページにて直接お問い合わせください。
ご連絡いただいてから、住所をお教えいたします。皆様のご参加お待ちしています!



親子ネイチャーウォーク、後半

先週行われた親子ネイチャーウォーク、後編。

センテナリーレイクの淡水湖エリアから塩水川のエリアへと結ぶボードウォークを歩きます。ここは湿地になっていて、地面には浅く水が溜まっているエリアなので、その上を歩けるようにボードウォークが作られているのです。このエリアに入ると蚊やサンドフライが沢山いるので、子連れの方はいつもさっさと通り抜けてしまうエリアですが、ここに入る前に改めて虫よけスプレーをして行けば、他の場所にはない発見を楽しむことができます。

IMG_6700.jpg




[続きを読む]

親子ネイチャーウォーク、前半

前回前々回とご案内した親子向けネイチャーウォーク、昨日行ってきました。お天気にも恵まれ、暑くもなく寒くもなく、日が照って気持ちのいい朝でした。

集まってくださったのは、2家族5名様。こじんまりとプライベートツアー的にできて、とてもお話のしやすいグループサイズ。子供たちは小学校低学年の男女3人。お母さんたちはお二人とも自然が好きな方たちで、何でも興味を持って聞いてくださいました。

キャプチャ

注意事項などを説明した後、アクティビティブックと双眼鏡と簡易図鑑をそれぞれお渡しして、さぁ出発!
[続きを読む]

親子ネイチャーウォーク ~下見編~

s-Activity book cover title

前回ご案内した、来週日曜日のネイチャーウォーク。今日はその下見に行ってきました。お天気も良く、割と色んな生き物が見られました。




[続きを読む]

親子ネイチャーウォーク、第二弾!

お久しぶりです。3か月前に不運つづきの記事を書いて以来記事が止まっており、ご心配をおかけしたかもしれませんね。その後状況はだいぶ落ち着き、割と平穏に過ごしています。


さて、今日は去年に続き2回目となる、ネイチャーウォークのご案内です。

s-Activity book cover title

[続きを読む]

不運の中の幸せ

前回、信じられないほどの不運続きな状況を書いてから、さらに1か月半。車を盗まれてからはもうすぐ3か月が経つ。信じられないことに、愛車はまだ修理から帰ってきていない。先月しびれを切らして修理会社に電話したところ、リペアラーとメカニックスの間でミスコミュニケーションが生じていて、ペーパーワークが行ったり来たりしていただけで、2か月待っている間、肝心の修理は行われていなかった!不満を伝えてもリペアラーは「私たちはベストを尽くした。メカニクスが信じられないわ。」というし、保険会社に不満を伝えても「私たちはこれ以上何もできない」という。謝る言葉もなく、ただひたすら遅れている“理由”を説明してくるが、言い訳にしか聞こえない。幸い同居人と彼の車は戻ってきたので、今は二人で1台をシェアする生活。仕事にも家庭教師に行くにも、送り迎えか歩きの生活。ガソリン代はいつもの倍かかるし、もちろん同居人の生活の自由度も減ってしまっている。けれど、車が一台でもあってありがたい、と思うようにして、それ以上は考えないようにしている。



そして、家のオーナーが突然家を売ることにして、5月末までに引っ越せと言われていた件。
[続きを読む]

不運つづき

ここ最近、不運なことがすごく重なった。
12月末に巻き込まれた交通事故による車の修理に1ヶ月半もかかり、2月初めにやっと直って帰って来た愛車が、そのたった2週間後に泥棒に盗まれ、一晩乗り回された挙句に翌日壊された状態で草薮に乗り捨てられていた。私の車だけでなく、同居人の車も。2台とも修理が必要で、警察が指紋などを集めるのを1週間待ってからそれぞれの保険会社の指示に従い、修理に預けることに。それからまたさらに一ヶ月半、どういうわけか未だに修理は終わらない。修理会社に確認の電話を入れても、色々と理由を言われて先延ばし先延ばしで今に至る。
車がない間、保険会社や複数の友人から車を借りては返して毎日の移動手段をまかなってきたが、12月の事故から数えてその代車の数はついに2桁に突入。しかも、車の盗難事件の後に数週間後やっと借りられた保険会社の代車を借りてたった2日後、出勤途中の渋滞で後ろの車に突っ込まれてしまい、ダメージ。もうあまりの不運続きに笑うしかなかった。その代車の代車も返却期限が過ぎ、有料のレンタカーでしばらく繋いだ後、現在はありがたいことに知り合いの人が娘さんの車を貸してくださっている。
車を貸してくれた多くの知り合いの方や保険のサービスにはもちろん感謝しているが、自分の名前で保険に入った乗り慣れた車に早く乗りたいというのが本音だ。

[続きを読む]

お祝い事の折り紙アート

おりがみの活動をケアンズで始めてから今年で5年目。今までは主に子供向けのクラフトアクティビティや、ファンドレイズとしてのカード作りワークショップなどをやってきましたが、ここ近年では折り紙アートの依頼も受けるようになってきました。特に、結婚や子供の節句などのお祝い事のギフトを作成することが多く、とても特別な思いで頼んでくださったのだなと思うと、こちらも製作に力が入りました。

ブログに改めて書くこともしてこなかったので、これを機にご紹介。


s-IMG_4709.jpg

[続きを読む]



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。