アニマル×エデュケーション
Animal と Education がテーマのオージー娘が綴るつれづれ日記。

子供たちとネイチャーウォーク

もう2か月も前のことですが、祝日の多かった4月、カメラ片手に何度か自然界へ繰り出しました。中でも、自然の大好きな5人兄弟とそのお母さんと一緒にケアンズ市内のセンテナリーレイク自然公園でネイチャーウォークした日、子供たちと一緒に沢山の発見をしてとても楽しかったので写真をまとめてみました。
IMG_0024_201706182155321ae.jpg

一緒に歩いた子供たちのうち上3人はそれぞれ一人一台ズームデジカメを持っており、各自興味のあるものを見つけたらズームで写真を撮り同定するという、大人顔負けのネイチャーウォッチャー。見慣れた鳥や虫は図鑑を見なくても種名のレベルで同定できるほどの熟練ぶり。まだ幼い下の子二人も、歩きながら色んなものに興味津々。これは楽しいウォークになりそうだ!

[続きを読む]
スポンサーサイト

親子ネイチャーウォーク、後半

先週行われた親子ネイチャーウォーク、後編。

センテナリーレイクの淡水湖エリアから塩水川のエリアへと結ぶボードウォークを歩きます。ここは湿地になっていて、地面には浅く水が溜まっているエリアなので、その上を歩けるようにボードウォークが作られているのです。このエリアに入ると蚊やサンドフライが沢山いるので、子連れの方はいつもさっさと通り抜けてしまうエリアですが、ここに入る前に改めて虫よけスプレーをして行けば、他の場所にはない発見を楽しむことができます。

IMG_6700.jpg




[続きを読む]

親子ネイチャーウォーク、前半

前回前々回とご案内した親子向けネイチャーウォーク、昨日行ってきました。お天気にも恵まれ、暑くもなく寒くもなく、日が照って気持ちのいい朝でした。

集まってくださったのは、2家族5名様。こじんまりとプライベートツアー的にできて、とてもお話のしやすいグループサイズ。子供たちは小学校低学年の男女3人。お母さんたちはお二人とも自然が好きな方たちで、何でも興味を持って聞いてくださいました。

キャプチャ

注意事項などを説明した後、アクティビティブックと双眼鏡と簡易図鑑をそれぞれお渡しして、さぁ出発!
[続きを読む]

親子ネイチャーウォーク ~下見編~

s-Activity book cover title

前回ご案内した、来週日曜日のネイチャーウォーク。今日はその下見に行ってきました。お天気も良く、割と色んな生き物が見られました。




[続きを読む]

親子ネイチャーウォーク、第二弾!

お久しぶりです。3か月前に不運つづきの記事を書いて以来記事が止まっており、ご心配をおかけしたかもしれませんね。その後状況はだいぶ落ち着き、割と平穏に過ごしています。


さて、今日は去年に続き2回目となる、ネイチャーウォークのご案内です。

s-Activity book cover title

[続きを読む]

自然観察ツアー@センテナリーレイク ~当日編~

準備編から読む

そして迎えた当日!
前夜に降っていた雨も嘘のように止み、いいお天気!来てくださったのは、とっても元気なご一家。エネルギーにあふれるお母さんと、元気いっぱいの子供たち4人、そしてその時日本から尋ねていた子供たちのおばあちゃんもご一緒でした。

まずは自己紹介や安全上の注意、生きもの探しを楽しむコツなどを一通り説明して、日焼け・虫除け対策をしてさぁ出発!

IMG_1685.jpg





[続きを読む]

自然観察ツアー@センテナリーレイク ~準備編~

まだまだカンガルー島の写真日記も完結していませんが、割り込み投稿。
s-cover.jpg

これももう2週間前のことになりますが、カンガルー島から帰って早々、ケアンズウィングのお声がけにより、センテナリーレイクにて親子向けの自然観察会をしていました。

この観察会をしようということになったのには、色んな人との繋がりとそれぞれの目指すものとがマッチして実現したのですが、このブログではそこは割愛。ケアンズウィングの生みの親でもあり、Pouchというお店を経営しながら色んな情報を発信してケアンズの日本人コミュニティを繋いでいる恵子さんが、素敵な宣伝文の中にその経緯を書いてくださっていますので、詳しくは恵子さんのブログをご覧ください。
  恵子さんのブログリンク
  「『ケアンズの自然の素晴らしさ再発見』シリーズ企画始めます✨」
  「ネイチャーウォークのお申し込み開始しました」


このネイチャーウォークで一緒にガイドをしたのは、お馴染みのこの方。
s-IMG_0675_crop.jpg

今年ケアンズ入りして約一年ネイチャーフォトグラファーとして活動してきた、私の大学の後輩でもあるTakara君です。撮った写真を基にとても素敵な文章を書くので、ケアンズの様々な魅力を発信する目的で誕生したケアンズウィングに彼を紹介したところ、さっそくライターとして活躍し始めてくれました。その新しい繋がりと色んな個人的なやりとりから話が進んで、観察会実施へといたりました。

こういうローカルの親子向けの自然観察会を以前からずっとやれたらいいなと思っていたので、実現できて本当に嬉しい。まさに、「アニマル」×「エデュケーション」の両方の要素を活かすオフィシャルな機会!さっそく準備に取り掛かりました。



[続きを読む]

テーブルランド鳥見ドライブ

IMG_0516.jpg

このホリデー中、友人と二人で2回メジャーな鳥見ドライブに行きました。「鳥見ドライブ」と勝手に言葉を作りましたが、ある地域に行けば見られるであろう、割と珍しい鳥を探しに行く目的で行くドライブトリップのこと。今回は1回目はヒクイドリ(英語ではCassowary)という世界で三番目に大きい鳥に逢いたくて、ケアンズから南へ2時間くらい車を飛ばしたところにあるミッションビーチという場所に行きました。でもその日はなんだかハズレの日だったらしく、丸一日いたのにヒクイドリにもこれといった鳥にも逢えずに引き返すという悔しい日となってしまいました。そのリベンジも兼ねて、昨日はケアンズから内陸に入ったアサートン高原周辺で別の鳥と生き物を探すドライブに行ってきました。前回とは打って変わって、この日は大収穫!普段ケアンズでは会えない鳥たちや生き物、風景に沢山出会うことができました。

[続きを読む]

ケアンズの夕焼け

夕焼けの写真を撮るのは日本でもオーストラリアでも海外でも好きなのですが、ここの夕日が日本とも他の今まで行った国とも違うなと思うのは、その色。青、オレンジ、ピンク、紫とだんだん変わっていく空がきれいなグラデーションを作るのですが、私が一番好きなのは、オレンジの西日に照らされる風景が色を変える時と、4色のグラデーションが同時に見られる空で、広がる雲がピンク色に染まるとき。

スクールホリデーに入り、気持ちがゆったりとした中で見る夕焼けの景色を、写真に撮ってみました。

s-RIMG0576_edit.jpg
まずはこの写真、2年前の同じ季節に撮ったサトウキビ畑の写真です。ケアンズのアイコン的存在であるキュランダ列車が通るタイミングでシャッターを切りました。サトウキビは毎年6~7月ごろに花を咲かせ、日中はサトウキビ畑が一面白く輝くようになります。この同じ場所、同じ季節の写真が、夕日に照らされると、まるで魔法をかけられたように色が変わります。

[続きを読む]

鳥のねぐら

毎日日が沈む時間になると、うちの近くのショッピングセンターのねぐらに帰ってくる鳥たち。

IMG_0176_2015070222453109d.jpg

[続きを読む]

冬の自然観察会@アニマル×エデュケーション 前編

ケアンズの自然シリーズを書いている間、実は私、日本にいました。今はもうケアンズに帰ってきていますが、せっかくなので、今日は日本での自然観察の話を。

IMG_3673.jpg

IMG_3696.jpg


1 月、日本は冬。冬といえば、鳥の季節。虫や植物が省エネモードに入っても、鳥たちは元気!木の葉が枯れ落ちて林は見通しがよくなり、枝にとまる鳥たちが探 しやすくなるし、川や池には冬鳥のカモなどが来るようになります。学生時代、真冬の東北にわざわざ渡り鳥を見るためだけに2泊もしたことがありました。寒 い冬の日本に、もっと寒いシベリアの方からわざわざ渡ってきた冬鳥たちを見て感動し、ますます鳥が好きになっていきました。(その時の日記)

その時のように一緒に鳥見をするような仲間は今回はいませんでしたが、やはり鳥見は楽しいので、新しい双眼鏡も買って、川のある公園などに行って懐かしい日本の鳥たちを見て来ました。

東京に住んでいても、少し野へ繰り出せば、色んな鳥に会えるし、色んな自然の変化を見ることができる。その楽しみをもっと色んな人に広めたいなと思ったので、毎回帰国の度に講師として呼んでいただいている学童保育のプログラムのアクティビティーとして、自然観察を取り入れた授業を行うことにしました。(この学童保育と担当プログラムについての詳細は以前の日記や本家Animal x Educationウェブサイトご覧ください。)


[続きを読む]

インノット湿地

はじめから読む
IMG_3370.jpg

長々と何編かに渡って書いてきたケアンズ周辺の自然シリーズもいよいよ終盤。今回は12月のドライブの目玉、インノット編!
と言っても、この場所の奇跡的な条件とそれによって実現した素晴らしい景色については、実は去年の日記に既に書いていたので、そちらを読んでいただきたい。着いたときの感動は、1年経った後も、やっぱり変わらずワクワクするものでした。

ただ、前回あまり満足にできなかった、鳥に的を置いた撮影。去年は景色そのものとツルの写真を数枚しか撮っていなかった。今回は初めて見る鳥の同定の目的も含めて、鳥好き仲間と一緒に心行くまで鳥を見続けた。その回数にして、実に2週間で4回!(2回泊まりで行って夕方と朝×2回ずつ。)学生時代に培ったバードアイ(バード愛?!)、8年のブランクを経て完全復活!



まずついて早々に姿を見せてくれたのは、こちら。世界でダチョウに次いで2番目に大きな鳥、エミュー!

[続きを読む]

インノット道中

はじめから読む
生き物探しのロングドライブ、マリーバを出た後目指したのは、温泉の湧き出る川で知られるインノットという場所。マリーバからさらに車で一時間半南下したところです。その道中にも、寄り道ポイントはいっぱい。天気や地図、景色などを見ながら、その時立ち寄りたいところに気ままに立ち寄る。この自由さが、マイカードライブの最大の楽しみ♪。

IMG_3317.jpg
二度目にインノットへ行った時は、行きにティナルー湖に寄りました。大きな湖の前に停めたマイカー。絵になる!ちなみにこの時クリスマス前だったので、トナカイの鼻と角をつけて走ってました。

[続きを読む]

マリーバの自然

はじめから読む

IMG_2874.jpg IMG_2876.jpg

生き物探しの長距離ドライブ、キュランダの次の目的地はマリーバでした。マリーバまで車を走らせると、キュランダで広がっているような熱帯雨林の植生から、典型的なオーストラリアの硬葉樹林へと変わる。この辺は地形の関係から、キュランダほど雨が降らず、乾燥が続いて山火事が起こることも多いので、山火事をうまく利用して生きているユーカリ、アカシア、グラスツリーなどや、乾燥に強い豆科の草本が森の主な構成を占めている。そしてこれらの木はあまり密集して生えないので林床は明るく、草も生えている。こういう土地はファームにも適しているのか、この辺ではマンゴーやコーヒーなど様々な農産物も育てられている。
マリーバ名産のマンゴーワインの試飲ができるワイナリーがあると聞いたので、行ってみました。



[続きを読む]

キュランダの自然

はじめから読む

ケアンズに観光に来る方の多くが訪れる場所のひとつに、キュランダという村があります。キュランダ村は山の上にある小さな村なのですが、ヒッピーな人たちが集まって自由に手作りの品を売ったりしているマーケットが有名で、ゆったりとした時間が流れていて私も好きな場所です。
IMG_2715.jpg
IMG_2714.jpg


知人が今年からここで和菓子屋さんを始めたので、以前からあるお茶屋さん(も私の友人)のところのお茶と一緒に和菓子を食べるのが、キュランダに来た時の習慣となりました。

IMG_2718.jpg
どら焼きを売りにするということで、私がまえにプレゼントした折り紙のドラえもんとドラミちゃんも飾ってくれていました。




キュランダの人の生活もさながら、自然もすごい場所なので、Y君、そして後日T君とも一緒に何度か生き物探しに来ました。


[続きを読む]