アニマル×エデュケーション
Animal と Education がテーマのオージー娘が綴るつれづれ日記。

宗教

 最近宗教についてよく考える。日本では宗教が人々の意識の中にそんなに根強く存在しておらず、信仰するというよりもむしろ習慣やイベントとして形式的に儀式をしたりお寺や神社を参拝したりして、日本の文化的アイデンティティを見出している感じが強い。
 私の家は神道家だけど、キリスト教の幼稚園と小学校に行き、毎週日曜日に卒園した幼稚園の教会の礼拝に通っていたし、姉はさらに中学・高校までキリスト教の学校だったので、中1くらいまで自分の家の宗教はキリスト教なのかと思っていた。その程度の意識しかなかった。
 多くの日本人にとっては宗教の本来の姿に対する認識は浅いのではないかと思う。結婚式はチャペルで、お葬式は仏式で。お正月は神社へ初詣に行き、クリスマスは賛美歌を歌う。これらの習慣は「宗教」ではなく「文化」だ。家の宗教はそれぞれあっても、心から神様や仏様やイエスキリストを信じているという人は割と少ない。むしろ、「宗教」という日本語には怪しげな響きすらある。「宗教的」というと、人の心を洗脳して偏った方向へ考えを植え付けるという悪い意味で使われることが多い。
 もちろん日本で育った私にも、宗教に対する悪い先入観がしっかりと根付いてしまっている。信仰の度合いが強いほどに、怪しさを感じて知ろうとしなかった。だけど、オーストラリアに来て色んな国の人と触れ合って、宗教に対する価値観がすごく変わってきたように思う。特に、キリスト教の神父さんの家族と2ヶ月一緒に生活したことと、イスラム教徒の友だちと仲良くなったことで、むしろ心から宗教を信仰できる彼らがとても羨ましく感じるようになった。GodやAllahを心から絶対的な尊厳として慕い、毎日祈りを捧げ、それらからの声を聞くことを人生の喜びとする彼らは、気持ちにゆるみがない。そしてとても謙虚に周囲を気遣える人たちだ。彼らと一緒にいると、特に宗教を信仰していない自分が下等に感じられたりする。
 彼らを通じて色々学んだこと、自分で考えたことを、ここに書き残そうと思う。
[続きを読む]
スポンサーサイト