アニマル×エデュケーション
Animal と Education がテーマのオージー娘が綴るつれづれ日記。

変えられないことを受け入れること その5

職業がら、自閉症やADHDと言われる注意欠陥多動性障害などの発達障害を持つ子供たちを相手にすることも多く、また自分自身に関連付けられることも多いため、これらの発達障害には人一倍知識と理解を深めてきた。こういった発達障害の特徴が当てはまる人たちに対する社会の理解を深める機会を何とか作れないかとこれまでしょっちゅう考えてきたきたものの、自分は専門家ではないし、簡単に理解を得られるような内容ではないセンシティブな内容だし、下手すれば自分自身を不利な状況に追いやるようなことにもなり得るので、機会をなかなか作れずにいた。

今年に入って担当するクラス数が倍に増え、教師として発達障害を抱える子供を相手にする機会も増えた。そして自分自身も、発達障害に当てはめられるような「自分の中の壁」と真剣に向き合う場面が何度もあり、「やっぱり発達障害について世の中にもっと知って欲しい」と思う気持ちがどんどん強くなっていった。

スクールホリデーに入った今、発達障害に関するウェブサイトを読んでいたら、4月が「Autism awareness month(自閉症に対する認識向上の月)」だと書いてあった。また、日本のテレビ番組でも少しずつこういった障害について取り上げられているのを見たりして、伝えるとしたら今かもしれないと思った。そう気づいたこの時に、いつも伝えたいと思っていた胸の内を、勇気を出してつづってみようと思う。
[続きを読む]
スポンサーサイト