アニマル×エデュケーション
Animal と Education がテーマのオージー娘が綴るつれづれ日記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


夢が叶いました!!

就職が決まりました。1月からケアンズ・トロピカル・ズーで、フルタイムのお仕事をさせていただくことになりました!しかも飼育や接客だけじゃなくて、私が長年想い続けていた教育の仕事もさせてもらいます。つまり、学校の遠足団体用のプログラムを作ったり、園内ツアーをしたり、アニマルトークをしたり。飼育は主にオーストラリア産の哺乳類が中心です。この上なき幸せ!!
sP1070539.jpg


どういう経緯で採用にいたったかというと、これまた長いストーリーになるわけですが。
今年の6月頃からクイーンズランド州内のワイルドライフパー クに募集もないのに一方的に履歴書をメールで送り始め、そのうちの一つ、小さいバードパークから唯一連絡があって、「ケアンズに来ることがもしあったら、 会ってみてもいい」と。それを理由にケアンズに6日間滞在する計画を立てて、他の連絡が無かった所にも「ケアンズに行くことになったから、この機会に訪問 させてくれ」とアポを取り、ケアンズトロピカルズーをはじめ、あちこちに履歴書を手渡して回った。当のバードパークには、3日間タダ働きさせられた感が あったけど、そこからコネが広がっていったから、直接就職には繋がらなかったけど、まぁ収穫はあった。
実はトロピカルズーに行く直前、会う予定でいた飼育課のトップの人が急用だかなんだかでドタキャンして、結局訪問した日はその人(つまり人事を 司ってる人)には顔を合わせることができず、でも日本マーケティング担当の日本人の方が園内を案内してくれて、その人に英語と日本語両方の履歴書を渡して 「マイケルによろしくお伝えください」と言ってズーを後にした。アポを取る時、トロピカルズーのトップの人は「募集は今は出してないよ」と言っていたけ ど、その日本人の人は親切にも「私個人的には、日本人スタッフは是非欲しいので、ボスと相談してまた連絡します。」と言ってくれていた。

ケアンズから戻って2ヶ月間、大学の課題などしながら「トロピカルズーから返事はないものか」と待っていたけど、さぐりを入れてみても「ボスは多 忙なのでまだ話し合ってない」「もし他で採用が決まりそうだったら、一声連絡してくれ」がしばらく続いて、そんなさなかカランビンでEducation Officerの募集が出て、それにまっしぐらになった。でも結局ダメで、そうこうしているうちに教職の募集のピークも終盤に差し掛かり、大学の課題も出 さなきゃいけなくて、あせりつつもカランビンのWork Experience実習に賭けてみようと勇み出たところで、事故って怪我して、敢え無く終了・・・。ちょうどその頃トロピカルズーと、同じくケアンズにある別のズーとで私を面接に呼んでくれるという話になっていたのに、それも敢え無く電話越しでの面接となってしまった。電話なん て、めちゃめちゃ苦手なのに・・・。

でも結局、電話面接にしてもらったことが、逆に功を奏することとなった。電話だから予定を自由に組みやすく、二つのズーの面接を同じ日に受けるこ とにした。私としてはカジュアルワーカーとして両方のズーを行き来しながら働く気マンマンだったのだけど、実はその二つのズーはライバル会社に所属してい て、働くとしたらどっちか一つを選ばなければいけないことが分かった。で、面接の後もお互いの会社の条件を電話で何度か確認取ったり、私のやりたい仕事を やらせてもらえるかどうか交渉してみたりした結果、トロピカルズーの方で最初「カジュアルの飼育員」というポジションだったのが、「フルタイムの飼育+接 客+教育担当」にまで持ち上がってくれた。もう一つのズーの所属している会社にもすごく惹かれていたのだけど、そっちはカジュアルでのオファー だったし、色々双方と話し合った結果、トロピカルズーの契約書にサインすることにした。




・・・そんな経緯で、無事にこの私も、希望の職業に就くことができました。紆余曲折しながらも最後になんとかゴールに到達できたことで、また更に 自信がついた。色々あったけど、ずっと自分を信じて本当にやりたいことを目指し続けていて、本当によかった。動物学+教育学+日本人っていう特性を全部活 かせるような仕事なんて、夢に見ていたことだったけど、それが現実になるだなんて、なんだかまだ信じられない。夢が叶って超ハッピー♪っていう気分より も、「え、マジで?」的な気分。

とりあえず、卒業式に親が来る前に仕事が決まって、ホッとしました。これでやっと親にも安心してもらえます。感謝感謝!
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://yuka2005diary.blog6.fc2.com/tb.php/113-7c6486c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。