アニマル×エデュケーション
Animal と Education がテーマのオージー娘が綴るつれづれ日記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


頑張れニッポン!!

今回の大地震・津波の影響が思った以上の広い範囲に及んでいて、私の家族の住む東京でも、ガソリンがなくなったり食料品が買えなかったり、大変そうです。その不便さ・辛さを日本にいる皆さんと一緒に身をもって体験できないことに歯がゆさを感じています。

こちらの報道やネット上にはセンチメンタルな映像が沢山流れていて、人々の同情心を誘っています。募金活動も沢山見られ、世界が協力しあうことのすばらしさを日々感じています。
でも日本にいる皆さんは、センチメンタルになっていてはだめですよ!起こってしまったことや失われてしまったものに嘆き悲しむよりも、前向きに、我慢強く、より早い復興に向けて頑張って欲しいです。


私に今できることはあまりないですが、せめて自分の周りの人たちを元気付けたいなと思った時、昔自分を元気付けてくれた相田みつをの詩を思い出しました。



「雨の日には雨の中を 風の日には風の中を」

暖かい春の陽射しを ポカポカと背中に受けて
平らな道をのんびりと歩いてゆく―
そんな調子のいい時ばかりはないんだな

(中略)

雨の日には雨の中を 風の日には風の中を

涙を流すときには 涙を流しながら
恥をさらすときには 恥をさらしながら
口惜しいときには 「こんちくしょう!!」と
ひとり歯ぎしりを咬んでさ
黙って自分の道を歩きつづけよう
愚痴や弁解なんて いくら言ったって
何の役にも立たないもの―

そしてその時こそ
目に見えないいのちの根が
太く深く育つ時だから
何をやっても思うようにならない時
上にのびられない時に
根は育つんだから―

雨の日には雨の中を 風の日には風の中を―



原発の不安もあるでしょうし、周囲の方が亡くなられたり避難所生活を強いられている方もいらっしゃるでしょう。今まですごく平和な国だっただけに、こういう状況は多くの人にとって辛く苦しい経験だと思います。ですが、今この辛い時だからこそ、日本がまたどんどん我慢強く団結力のある国になっていっていると思います。戦後のあの復興のパワーを考えたら、日本は災害ごときでダメになるような国じゃないって、確信できる。世界中の人が今、日本人の強さを改めて見て、感心しています。そして支援しようとしてくれています。

今まで目標に向かって頑張っていた企業も学生さんたちも、しばらくはそれどころじゃないかもしれません。だけど、この詩にあるように、上に伸びられない時にこそ、根っこが太く育って、この先もっともっと伸びられるよう強さを蓄えられるんだと思います。そして5年後、10年後に、災害があったからこそ今の良さがあるんだと思えるようになっていて欲しいです。

ニッポンの皆さん、私も応援しています。がんばって下さい!
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://yuka2005diary.blog6.fc2.com/tb.php/119-d0a42d7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。