アニマル×エデュケーション
Animal と Education がテーマのオージー娘が綴るつれづれ日記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


動物園の仕事

おととい、動物園で初めてのアニマルトークをやらせてもらった。マイクをつけて飼育舎側に立ち、動物の説明をするというやつ。有袋類全般の説明と、コアラとウォンバットのお話をした。ちょっと緊張したけどまぁなんとかできたし、先輩飼育員さんからもいいコメントがもらえて嬉しかった。


それまで1ヶ月、動物園の仕事も結構ストレスいっぱいで辛かった。
体が小さい、仕事が遅い、コミュニケーションが取りづらいの三拍子で、他の飼育員さんが苛立っているのがすごく分かったし、だんだん私と話すのが面倒くさくなっていってるのが分かった。けどオーストラリアの人はあまりネガティブなことは本人の前で口に出したがらない(顔や態度にはすぐ出すくせに!)。どうしたらもっと効率よく仕事ができるのか、ちゃんと私に教えてほしいのに、教えてくれないで私から逃げるかのように仕事を無理矢理与えてどこかへ行ってしまう先輩たち。毎回毎回同じ作業を与えられて、我慢しながらやっていた。日本人のお客さんがコアラ写真の行列を作っているときも、こんなときこそ私の出番なはずなのに、「手伝いますよ」と言ってもなぜかボランティアの高校生が写真を手伝うように言われて、私は野菜をひたすら切っていたり。人種差別を受けているようで辛かった。

先週ついに、自分の中のモヤモヤを先輩飼育員さんに打ち明けた。
「私、もっと使える人間になりたいんです。他の飼育員さんと一緒に仕事をして、直接仕事の仕方を教えてもらって、もっとフィードバックから色々学びたいんです。なのになんでいつも私だけ一人で作業をさせるんですか?」
予想通り、涙が出た。けど、気にせずモヤモヤをぶつけた。
「このままでは効率の悪いまま仕事が身についてしまいそうで、不安です。次のステップに進みたいんです。なのに、あまりにコミュニケーションを取る機会がなさすぎて、わざと避けられているんじゃないかとか色々考え始めちゃってて、このままじゃ私、ずっと役立たずなままですよ?」

やっと打ち明けられて分かったのは、私に積極的に新しいことを教えない理由(言い訳?)が、「もうすぐ私が肩の再手術を受けるから」だそうだった。しばらく飼育業ができないだろうから、今色々教えても無駄になる、と言われたらしい。それが先輩飼育員たちの中では伝わっているのに私には伝わっていなかった。そういうことは私に直接言って欲しいし、それでいいかどうか聞いて欲しかった。けどそう言われてしまったら、私も何も文句は言えない。むしろ、再手術をするのが分かっていたのに契約を取り消さないでくれたことに感謝しなければ。そう思って、納得して、しばらくはどんな下っ端の仕事でも我慢してやろうと思った。



ところが、その話をした日の次の出勤以降、先輩たちが急に色々と教えてくれるようになった。私が出勤していない間の3日間でどういう話が進んだのか私は知らないけど、掃除の仕方からコアラの名前まで、覚えきれないほど教えてくれ始めた。やっぱりこの方がやりがいがあって、嬉しい。
今までのあの放置ぶりはいったいなんだったんだろうか。外人の私とどう接するべきか分からなくて、柔らかく避けていたつもりだったのかもしれない。とにかく、色々と教えてくれることを忘れないように毎回ノートに書いて、一回で覚えるように努力した。そしてもうその次の週には、マイクをつけてお客さんの前に立たされた。幕下からいきなり三役に昇進したような気分だった。



何はともあれ、憧れだったアニマルトークをいきなりやらせてもらえて、すごく嬉しかった。
オーストラリアでは、空気を読んでもらうのを待っていたら何も先に進みません。不満があったら勇気を出して口に出してみるものだなぁとつくづく感じている今日この頃。不透明で、気まぐれで、先が読めない国オーストラリア。でも、こんな新人の私でも不満を口にできるって、やっぱり幸せだなって思う。そしてやっぱり、動物園という職場で働いていることが何よりも嬉しい。



まだまだこれから、どんどんいろんなことを学んで、言いたいことはちゃんと言って、周りにも認めてもらえるようにがんばろうと思った。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://yuka2005diary.blog6.fc2.com/tb.php/156-4a1f555e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。