アニマル×エデュケーション
Animal と Education がテーマのオージー娘が綴るつれづれ日記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


引越し

先週新しい家を見つけて、昨日引っ越しをしました。今度のおうちは、日本人の奥さんと2歳の女の子、もう一人のシェアメイトと犬2匹が一緒です。なので今までになく家庭的なおうちでのシェアになります。シティからちょっと外れているのでレントも安く、しかも裏庭から小川の流れる公園に直接出られるし、すぐ隣は熱帯雨林を抱く山♪ 家庭の温かさと自然に囲まれての新生活が始まります。



sP1110356.jpg

これ、荷物を運び入れたときの状態。スーツケース一つで来るワーホリの人たちに慣れてるシェアメイトたちが、あまりの私の荷物の多さに唖然としていた(笑)。でも、5年もオーストラリアに住んでたら、普通の量じゃないかなぁ・・?

で、これがアフターの図。すっきり♪
sP1110365.jpg

こうやってみると、5年間で色々積み重ねてきたなぁと実感。
茶色い棚には、動物学の痕跡。ぶっとい教科書たちと、動物園に行くたびに集めたZoo mapのファイル、鳥の羽コレクション、動物園実習ファイル。
白い本棚の下段は、教育学の痕跡。理科の教科書、就活用の資料、教育実習の産物などなど。
中段は、生活記録のものたち。家計簿、医療ファイル、パソコンのバックアップCDなど。
上段右は、チュータリングで使った日本語の教科書と、おりがみの本。折り紙ストックと、作りためた作品たちが茶色の棚の上にあります。
そして上段左は、人脈ツール。レターセット、人からもらった手紙たちや名刺などなど。



どれも捨てられない、今までの足跡。私はこれらのツールを使って、これからどこへ行くんだろう?

ツールはいっぱいある。あとはそれをどこでどう活かすか。

日本人には、「一つを極めた方がいい」って言われがち。
でもオーストラリア人には、「今まで集めた色んなツールをフルに活かして、Yukaにしかできないことをするべきだ」ってよく言われる。

私の考えは、もちろん後者。でも私は日本人で、オーストラリア人と同じようには仕事できない。少なくとも、今はそう感じている。





そうやって悩みをシェアメイトに話したら、
「へぇー、いろんな人がいるね。私から見たら、そんなに色々持ってるすごい人なのに、そーんな、たかが仕事がなくなったくらいでそんなに考えちゃうなんて、もったいない!って思う。私もオーストラリア来る前はそうやって上へ上へって自分の昇進を生きがいに生きてきたけど、なんか上り詰めてもうこれ以上行くところないやって思った時、こっちに来て、考え変わった。目の前のことしか信じないようにしようって。だって先のこと考えて頑張って生きてたって、明日もしかしたら癌ですって言われて、生きたくもないのに抗がん剤打たれて苦しい思いをしながら生きることになるかもしれないわけじゃん。私こそ、この先どうしようって真剣に考えなきゃいけない状況なのに、毎日楽しく過ごしてて、なんか申し訳なくなっちゃう!」
そう言われた。

彼女もユニークな生き方をしてきた人で、芯の強そうな女性。でも考え方や性格はまるで真逆。お互い久しぶりにそういう真逆の人と話をしたから、なんかお互い良い刺激を受け合って、その後2時間も語り合ってしまった。結局、「考えすぎも考えなさすぎもよくない、バランスが大事!」っていう結論に達した。



色んな人がいて、色んな考え方がある。考えないのもまた一つの考え。
色んな人と出会って、刺激を受けて、自分を再確認して、修正して。

また、人との縁に救われそうな気がしています。
今日も人生に感謝!!
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://yuka2005diary.blog6.fc2.com/tb.php/158-69dad861
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。