アニマル×エデュケーション
Animal と Education がテーマのオージー娘が綴るつれづれ日記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブリスベンぷち帰省

この先の仕事のことで人からアドバイスをもらうために昨日まで第二の故郷ブリスベンに行ってました。
道に迷った時は地図を探すんでなく、いつも周りの人に聞いて、ちょっとずつ行きたい方向に戻るのが私のやりかた。周りの人の親切があってこそのやり方だけど、本当にありがたいことに、いつも周りの人には恵まれている。今回も突然思い立ってブリスベン行きを決めたのに、空港まで迎えに来てくれたり泊めてくれたり、会う時間を作ってくれたり、もうその恩を感じられただけで、また前向きに頑張らなきゃっていう気になれた。出発の4日前くらいにチケット取ったから飛行機代は高かったけど、本当に行ってよかったと思える帰省だった。


去年まで毎日通ってた大学のキャンパスを歩いたり、大学に入る前から私を知ってる語学学校の先生に会ったりして、在学中に目指してたものを思い出した。社会の現実を知ってしまった今、当時と同じ気持ちになるのが少し難しく感じた。卒業後も良くしてくれている先生たちにも会って、教職関連のアドバイスをたくさんもらうことができた。この国の複雑な教職の世界のことが少し紐解けた感じがした。けど教職のことを考えれば考えるほど、本当に自分がやりたいと思ってたこと(つまりAnimal x educationの仕事)がこれからも本当にやれるのかどうかボンヤリしてしまった。やっぱり社会一般的には、「教職取った」=「教職に就きたい」と思われがちで、そっち方面に沢山敷かれているレールに乗らないってかなりリスクが大きいのかなって。で、仕事上不利な部分は、一生懸命隠したり努力で乗り越えていくのが世の中の筋ってものなのかなって。特殊な仕事を自分から切り開いて行きたかったら、もっと社会的に優秀じゃなきゃいけないのかなって。

でも他の人からもアドバイスをもらって、やっぱそうじゃないって思った。
家族ぐるみで付き合いのあった、人生の先輩的な存在のかずよママにも会って、色々話した。教育実習のときにお世話になった監督の先生とも話した。去年の教育学同期の日本人の友達とも、今年教育実習をやってる私の後輩に当たる友だちとも会って話した。私と似たような持病持ちの元チューターや元シェアメイトとも会った。そんな中で、みんなも同じように越えられない悩みを抱えながら我慢しているのを実感したり、こんな私を「すごいよ」って言ってくれる人がいたり、私の弱さはどうしようもないって言われたりして、やっぱり私は社会の中でも私らしくいたいって思った。それが通用しないところももちろん沢山あって、それに当たったら体を壊すくらいストレスになることもわかっている。けど、こうやって私の強さを尊敬してくれる人がこれだけいるなら、そういう職場環境を探し当てるのも時間と運の問題じゃないか。そういう結論に達した。

それを探し当てるチャンスを最大限にするために、次のことをしようと思った。
まず、いつも心身ともに健康な人でいられるように生活に心がけようと思った。医療保険にも入ったし、ジムにも入会したし、家族みたいなシェアメイトも友だちもいる。あとはモチベーション次第!
そして、やりたいことを常に明確に人に伝えられるようにいつも準備しておこう。せっかく学生時代に得た知識と経験を腐らせないように、フィールドに出たり人に伝えたりしよう。このブログもその一つのツールとして大いに活用しよう。
それから、これはちょっと勇気がいるけど、持って生まれてしまった弱さのことを、問題が起こる前に最初から職場に伝えよう。それで仕事をくれなかったらそれまでだと思って割り切るくらいじゃないと、夢は叶ってもキープできない。って書きながら、怖くて悔しくて涙が出るけど。


私の強さと弱さを両方分かってくれて、かつ私の持ち味を活かせるような仕事をくれる場所が本当に見つかるかなぁ。まずは、動いてみよう。見つからなくっても、今はオーストラリア永住ビザっていう最強の支えがある。これももしかしたら、動物園の仕事と自分の健康を犠牲にしてでも教職をやってたからこそ取れたのかもしれない。そう思ったら、永住ビザを自力で取った私って、実はすごいんじゃん!って思えてきた。

正式に、オーストラリアの住民としての、再スタート。今こそ本当に自分次第。
こんな私を受け入れてくれたオーストラリアに、受け入れてよかったと思ってもらえるような人材になれるように頑張ろう。


スポンサーサイト

この記事に対するコメント

私もまだまだ未熟で、ゆかさんにパワーをもらっているひとりです。

そんな私でもゆかさんのお役に立てることがあれば…

フィールドは任せて下さい!!一緒に行きましょう!!!!
んあっ、カエル限定になっちゃいますけど!!(笑)
【2011/07/19 13:01】 URL | かえるちゃん #-[ 編集]

かえるちゃん
ありがとう。

私、一つだけ自信持って言えることがあるんだ。人との出会い運だけは誰よりも強いって。いつもいつも人に支えられて生きているけど、そういう人たちにこんなに沢山出会えるのも、自分の一つのパワーなんだろうって思うよ。

かえるちゃんにこんなところで偶然再会したのも、絶対に何か意味のあることなんだと思う。
お互い励まし合いながら、頑張ろうね。
【2011/07/19 20:02】 URL | Yuka #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://yuka2005diary.blog6.fc2.com/tb.php/160-00818a1a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。