アニマル×エデュケーション
Animal と Education がテーマのオージー娘が綴るつれづれ日記。

コミュニケーションの質

 ちょっとショックなことがありました。
 前回の日記にも書いたように、会話にもっと入れるようになりたいんです。それには毎日少しずつ躓きながらもトライしないといけない。色んな人から励まされ、自分でも頑張ろう!と加速し始めたところだったので余計にショックに感じてしまったのだけど、よく言えば、大事なことを今日一つ学びました。
 それは、オーストラリアのコミュニケーションの質。英語圏だからアメリカのそれと似ているのだと思っていたけれど、むしろ日本人のコミュニケーションに似ている部分を今日感じました。

 頑張ってできるだけ人と会話するようにしようと思って、同じ職員室の先生たちに話しかけるようにしていたのですが、私が直にお世話になっている日本人の先生に帰り際に「オフィスアワー中はみんなお金をもらって自分の時間を割いて働いているのだから、あまり話しかけないで欲しい、ってYukaに言ってくれって・・・」と優しく言われ、だいぶショックを受けました。ついでに「お茶を飲む時に音を立てるのをやめてくれ」というのも間接的に言われました。。
 嫌なことは直接その時に言って欲しいものです。こういうところは、日本人のコミュニケーションの私の嫌いな部分と似ているのだなぁと思い、不快に思いました。
日本人は内心嫌だなと思っていても器用に隠すけど、こっちの人は、直接言わないくせに嫌だなという心が態度にすぐ現れるから、もっと質が悪いと先生は言っていました。なんか、嫌だなぁ。誤解されてても、気づかないじゃん!しかも何も言ってくれないのに態度が変わられたら、物事うまくいかないじゃん!
 「人を傷つけたくないから言わない」という部分は日本人に似ているけど、「嫌なことは嫌!」「私の考えはこうなの!」という頑固さはアメリカ人っぽいところもあって、正直、双方の悪い部分を足して2で割った感じという印象を受けました(先生の話を聞く限りでは)。この先うまく社会でやっていけるのか不安です。
 そういえば、1ヶ月NEGSにいて職場の人同士のやりとりを見ていても、なんとなくコミュニケーションの不器用さを感じたことがあるかも。意見の合わないことがあると結構みんな頑固で、陰口をすごく言ってます。でも本人の前では言わない。けど不機嫌なことが態度に出てるから、すごく気まずい雰囲気が漂う。一時だけだけど。
 日本人と比べて、オーストラリアの人は「仕事は仕事、プライベートはプライベート!」という区別がはっきりしていて、だから職場仲間同士がプライベートでも仲良くすることって少ないんだって。NEGSは職場の人間関係はとてもまろやかな方で、他の場所ではお互いライバル同士みたいなピリピリした雰囲気がすごいらしい。

 だけど、一歩職場を離れると、とってもみんなフレンドリー。仕事でのいざこざとか、その人を避ける理由が特に無い限り、基本的にみなフレンドリーに挨拶・会話を交わします。このフレンドリーなイメージをオーストラリア人に対して持っていたので、仕事の時の態度の差にはまだ慣れません。きっと大学でもそうなんだろうな。授業中とか、絶対みんな真剣に集中したいから、すごい話しかけづらいんだろうな。。日本の大学生と差がありすぎる(@_@;)

 

 で、結局。今回間接的に注意されたのは、職員室という仕事の場だったからで、それ以外の場面で頑張るようにすればいいんだな。食事の時やすれ違った時にタイミング見計らって話すようにしよう。もちろん職員室で先生同士がおしゃべりしてることはあります。でも、パッパパッパと会話して、その後すぐに仕事に戻る。私も同じように気軽なおしゃべりを交わしたいところだけど、それは対等に気軽なおしゃべりができる立場になってからの話。ただでさえ正式にNEGSに所属する人じゃないのに、ましてや辿々しい英語じゃ、仕事中は邪魔がられてしまうのかもしれない。

 間接的に言われることになったことは、結果的には傷ついたけども、でもたぶん私を気遣ってのことなんだと思う。24歳という歳(立派な大人と思われる歳)だし、これから大学進学を目指して一生懸命になってる状況だし、言わずに我慢してくれていたのだと思う。感謝しなきゃ。そしてまた、わざわざこのことを私に話してくれた先生の優しさが、余計に心に滲みました・・。マイナスの後のプラスのシャワーには、どうも弱いです; 先生も言いづらかっただろうに、言ってもらえて本当よかった。


 これからこっちでずっと生活していく上で、ON/OFFの切り替えがすごく大事になるんだろうと思う。先生たちの仕事を見ていると、ONの時間帯にはやるべきことをしっかり頭で把握して、黙って集中してやる。周りの人とコミュニケーションが必要な時は、何を聞きたいのかしっかり決めてから、なるべくサクッとやりとりを済ます。OFFの時(休み時間、放課後)こそ、コミュニケーションのチャンス、ONの時に聞きたかったことを聞いたり答えたり、おしゃべりしたり。見事な切り替えです。
 不言実行が苦手な私は、人とおしゃべりする中で「これからああする、こうする」と口にすることで自分にプレッシャーを与えた方が行動しやすかったりします。自分で口にしないと、心の中でやろうと決めていたことでもすぐに忘れてしまったりする。だから思いついたときに口に出してしまうことが多いのだけど、これからは常に周りの人のON/OFFを考慮した上でそうしないといけないんだな。自分もON/OFFしっかり切り替える練習をしないとな。そしてOFFの時にはできるだけ沢山おしゃべりの練習をしよう、少ないチャンスをフル活用できるように頑張ろう!


 うん。まとまった。長い独り言でした。言ったり書いたりしないと、本当忘れちゃうんです。読んでくれて、ありがとう。前向きに頑張ります。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://yuka2005diary.blog6.fc2.com/tb.php/197-04d9c33c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)