アニマル×エデュケーション
Animal と Education がテーマのオージー娘が綴るつれづれ日記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


フォーラム後考えたこと

そんな熱いフォーラムが終わったのが夜10時、その後も展示を見続ける人たちもいたので、なんとなく私も千羽鶴コーナーに居座ってみる。そこへ、ワインを片手に持ったオージーの女性がやったので、「鶴おりませんか?」と声をかけると、「Sure!」とそこへ座った。
「フォーラム、すごかったですね。」と私が切り出してしまったばっかりに(そして相手は酒が入っている!)、それからさらに1時間、その知らない女性と二人で戦争や国のあり方などについて語り合ってしまった。

「戦争」。もちろん私は反対なわけだけど、今までなんでこんなに非常識なことが、「国」という単位で起こるのかが理解できなかった。今までなんとなく「戦争反対」という意見は持っていたものの、それは学校でそういうふうに教わったから、とか、周りの人が戦争に反対しているからそれが常識だと思っていた部分がある。だけど、今回のフォーラムをきっかけに、戦争のもたらす利益や、当時日本の敵だった国の視点も理解した上で、自信を持ってなぜ自分は「戦争反対」なのか言えるようになった。

RIMG0093.jpg
<長崎の原爆投下時刻で止まった時計>



私は、自然も人間も両方好き。そして本来人間だって動物と同じで、「生きたい」「健康な子孫を残したい」と思うのが自然なこと。でも人間はちょっと特殊で、ただ生き残って子孫を残すだけじゃ物足りず、巨大な社会の中で何かに貢献したり物を生み出したりしないと満足しない性質がある。私が最終的に貢献したいのは、地球上で人と自然が共存できる期間を少しでも延ばすこと。それには、より多くの人が身の回りの自然に目を向けなければいけないわけだけど、その心の余裕は、人それぞれが平和に暮らせるようになって初めてできることだと思う。発展途上国の人たちは、自分の国の発展に夢中で、自然保護なんて考えている余裕は先進国ほどはないだろう。まして戦争中の国なんか、尚更のこと。環境問題みたいに、それこそ世界が一つになって考えていかなければいけない問題の解決は、世界平和ありきだと思っている。
だからこそ、戦争によって人間が築いてしまった国同士の摩擦や貧富の差は、もうこれ以上広げてはいけないと思っている。また同時に、強い国が弱い国を支配することで文化や考え方の多様性が失われていくこと(白豪主義がいい例)も、これ以上あってはならないと思っている。だから、文化や考え方、生活スタイルなどの違いをお互い尊敬し合いながら、豊かな国が積極的に働きかけて、世界の経済的な格差を縮めていくことが大事なんだと思う。先進国に住んでいる人が、世界の多様性を学び、自分の国の贅沢さに気づき、その余裕を更なる贅沢のためではなく、社会問題の解決のために使うことに目を向ける。そういう意識や努力がだんだん増えてくることが戦争を阻み、人間が暮らしやすい世の中を築きいてゆき、結果的に世界が足並みをそろえて環境問題などに取り組んでいけるようになるんじゃないだろうか。それには、長い時間がかかるだろう。だからこそ、過去から学んでいかなければいけないし、世代を超えて物事を伝えていかなければいけないと思っている。




そして、世界平和のために自分ができることもすごく実感した。先進国の国民として、機会があったらお金を寄付したりボランティアをなるべくしていきたい。また、海外に住む日本人として、ヒロシマが伝えようとしていることを私なりに世界に伝えていきたい。また、教師として教育者として、私が日本の学校やメディアを通じて戦争をどのように教わったか、またオーストラリアに来て自分の無知をいかに思い知らされたか、無知が何を引き起こすか、伝えていかなければいけないと思っている。

つづく

RIMG0133.jpg



原爆展の記事一覧:
原爆展と千羽鶴
フォーラム:戦争はいったい何のため?
フォーラム後考えたこと
原爆展終わった~

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

私も領事館からのお知らせをいただき、すごく行きたかったのですが…350km!!…ちょっと泣けてしまいます…。。。地図上ではすごく近いのになぁ。

私も戦争については、すごくすごく考えています。歴史的事実としての大東亜戦争や、戦後、日本人としての誇りを失わせてしまったもの…。考えは尽きず、考えることを止めてもいけないですよね。

戦争に踏み出さざるをえなくなってしまった際、昭和天皇が引用した明治天皇の御歌が心に響いています。
「四方の海 みなはらからと思ふ世に
など波風の立ちさわぐらむ」
大和の国…これが日本人だと想います。
【2011/11/12 19:50】 URL | かえるちゃん #-[ 編集]

展示されているパネルなどは今後もケアンズCityCouncilが保管するみたいだから、いつかまた見る機会があるかも?!


その天皇が詠まれた御歌の意味を調べてみた。
http://blogs.yahoo.co.jp/tknkmsys/33396264.html
うーん、感慨深い。海を隔てた国も「皆はらから(=兄弟)と思ふ」って、ホント共感。。それって農耕民族的な考えなのかなぁ。それが狩猟民族的な考えと食い違うから、国同士で戦争が起きるのかなぁ。

本当、色んな考えが巡るよね。勉強になったよ、ありがとう。
【2011/11/12 20:56】 URL | Yuka #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://yuka2005diary.blog6.fc2.com/tb.php/224-5ab8c43d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。