アニマル×エデュケーション
Animal と Education がテーマのオージー娘が綴るつれづれ日記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今のお仕事~スペシャルニーズ教育編~

今のお仕事シリーズ最終編。
こちらの学校には、一般の学校の中に“Special Needs Education Unit”という、学習に特別な手助けが必要な生徒をサポートする施設があることが多い。学習障害とか知的障害のある子どもが、全部もしくは一部の授業をここで受けるのだけど、私がすごくいいなと思うのは、症状が軽度の場合は普通の一般クラスの子と一緒に勉強していて、必要のある科目だけSpecial Needs Edがサポートするという点。一般のクラスの子と完全に分けてしまわないことで、社会性を身につける場を持たせつつもその子に合ったサポートを提供できるのは、その子にとっても社会にとっても良いことではないだろうか。


で、そのスペシャルニーズでもお仕事をさせてもらえる機会があったのだけど、すごく勉強になった。まず、知的障害のある子には、普通の言葉が通じないことを実感した。だから、先生たちはシンプルな単語、手話やジェスチャー、イラストカードなどを使って生徒とコミュニケーションをとる。それを見ていて、このやり取りは、言葉が通じない外国人との会話にすごく似ていると思った。昔ボルネオ島に行ってマレー語しかしゃべらない村民と会話しようとしたときに、シンプルな英単語とジェスチャー、指差しなどで不思議と通じ合えたのを思い出した。
私もやってみると、声を出して手を叩いたりして反応。通じたのかな?と思った次の瞬間、指示通りのことをしてくれた。やった!伝わった!

障害のある子どもと直接接する機会なんて普段はゼロに等しいけど、こうやってコミュニケーションが取れると、この子達も彼らなりのやり方で毎日学習しているんだということが身を持って体験できた。スピードがそれぞれ違うだけで、かれらはかれらなりに毎日目標を与えられて生きていて、それを達成するごとに成長していくのを親は毎日楽しみにしている。人より多くの手助けが必要かもしれないけど、その点は他の子どもたちと全く一緒である。そういう子どもの成長に沢山関与できる教師という仕事は、本当にやりがいがあるし、毎日子どもたちを通じて、色んなことに気づかされる。

大人になってもまだまだ世の中から学びたいし、幅広く色々なことに挑戦するのが好きな私には、今の仕事がぴったり合っている気がする。この先どうなるかは全く分からないけど、今のところ、今のお仕事には大満足です。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://yuka2005diary.blog6.fc2.com/tb.php/234-9423dafa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。