アニマル×エデュケーション
Animal と Education がテーマのオージー娘が綴るつれづれ日記。

ケアンズパレードに参加します

ケアンズでは毎年8月に、ケアンズ市挙げての大きなパレードがあります。地元のコミュニティーグループが自分達のアピールのために、エスプラネード沿いの道を練り歩いたり、トラックの上でパフォーマンスしたりします。去年シェアメイトたちと一緒に見にいきましたが、いろんなエスニックグループがそれぞれの民族衣装で伝統的な楽器や飾りを持って行進したり、NGO団体が旗を掲げてビラを配ったり、ダンスグループがダンスしながら歩いたり、バンドグループがトラックの上で1時間ノンストップで歌い続けていたりと、とにかく賑やかなパレードでした。
sIMG_0464_edit.jpg
<去年のケアンズパレード>


今年は、そのケアンズパレードに日本人グループが参加することになり、ざくろ工房の英美さんを中心に準備が進められてきた。「パレードで折り鶴を配りたいのでご協力いただけませんか」との連絡を彼女からいただき、やりとりをするうちに英美さんのパレード参加に対する熱い思いにとても共感し、私もパレードに参加することにしました。
というわけで、ことしはケアンズ2年目にして、ケアンズパレードの大観衆の前でエスプラネードを練り歩いちゃいます!


今回の英美さんの企画は、ただの日本人コミュニティの文化のアピールではなく、実はもっと深い意味のある参加なんです。彼女がケアンズパレードにどうしても出たい!と去年から思っていた理由は、去年の東日本大震災に影響されてのこと。地震や津波で大打撃を受けた人たちの映像などをケアンズで見ていて「何かしなきゃ」と立ち上がり、寄付金集めのイベントを行ったのが去年の4月ごろ。募金をしてくれたり、暖かい言葉をくれたケアンズの人たちにいつかお礼が言いたいと思い続けて、今回ケアンズパレードにてそれを実現させようと思ったそうです。その思いを語る英美さんの言葉には、不安や苦労をみじんも感じさせない強さが感じられ、この人の壮大な企画に私も力を貸したい、私もパレードを通じてケアンズの人たちに「ありがとう」と言いたいと思ったのでした。

sP1110082.jpg
<去年の震災復興支援イベントにてステージパフォーマンスする英美さん>
sP1110098.jpg
<沢山のケアンズの人たちが募金をしてくれました>


パレードは来週の土曜日で、ダンボールで作られた手作りお神輿を担ぐ人たちの他、日本文化の代表としてよさこいダンス、空手に剣道、そしてコスプレイヤーの人たちの列もいます。なんとその数300人以上!私はその中で、「サンキューウォーク」というチームの代表として、「ありがとう」と言いながら折り鶴の貼られたしおりを観衆に配ります。
英美さん含む実行委員の皆さんを中心に、今着々とパレードに向けて準備がなされています。その様子は、こちらのブログからリアルタイムに発信されているのでよかったらCheck it out!

本番まであと一週間。楽しみだなぁ~!
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://yuka2005diary.blog6.fc2.com/tb.php/257-239f8b60
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)