アニマル×エデュケーション
Animal と Education がテーマのオージー娘が綴るつれづれ日記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


被災地の旅―前書き―

今回の帰国中、どうしても果たしたいことがあった。それは、被災地の訪問。震災からもう一年半も経ってしまった今、オーストラリアでテレビを見ていてもあまり日本の震災のことは聞かなくなってきたし、東京の家族や友達も、もう完全に今まで通りの生活に戻り、だんだん過去のことになっていってしまっているように感じていた。
だけど、小さい子供への放射能の影響を恐れてケアンズに引っ越してきた日本人の知り合いも沢山増えた今、原発の問題はまだまだ日本の課題となっているし、被災した町もまだまだ復興には程遠い感じだと聞く。3学期に教えていた教え子たちからも、「去年の地震の時、日本にいたの?」「今日本どうなってるの?」などと聞かれたが、震災時私はケアンズにいたため人から聞いた話を伝えることしかできず、それも聞く人によって被災状況や現状の受け止め方が全然違うため、一度この目で実際の現場を見に行き、現地の人たちに話を聞きたいとずっと思っていた。

そういうわけで、今回の日本滞在中に被災地を訪ねる計画を立ててみた。

一応最初に書いておきたいのですが、これからブログ記事として書くことは、私の見たこと、聞いたこと、感じたことを曲げずに記録し伝える目的で書くもので、けしてここからディスカッションをスタートさせたいわけではありません。他の人のブログやFacebook投稿などを見ていると、その投稿に対して異なる意見をコメントに書いたりしてディスカッションを展開する読者の方もいるようですが、それは私がこの場で求めているものではありません。ディスカッションは嫌いではないのですが、ネット上ですると誤解が生じやすかったり、返信に時差が出たりするので、この震災関係の記事に関しては、ブログ上でのコメントは控えていただきたいと思います。個人的にメールいただいたり、ケアンズにお住まいの方でしたら私に直接話してくれる分には歓迎です。

というわけで、私が見たこと・聞いたこと・感じたことを、何も偏見を持たずに素直に読んでいただけたらと思います。
長くなりそうなので、何回かに分けて書いて随時アップしていこうと思います。

いわき前編
いわき後編
ボランティア編
女川編
地元の人と交流編
石巻前編
石巻後編
スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://yuka2005diary.blog6.fc2.com/tb.php/265-5f3aed46
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。