アニマル×エデュケーション
Animal と Education がテーマのオージー娘が綴るつれづれ日記。

シンガポール動物園教育課職業体験 後編

前回のつづき

P1030821.jpg
こちらは、チャイニーズニューイヤーのイベントで教育課が出したブース。この年は丑(うし)年だったので、牛に近い仲間(バッファロー、シカ、キリンなど)について楽しく学べるコーナーを設けました。


P1030825-ss.jpg
本家Animal x Educationウェブサイトのプロフィール写真に使ってるお馴染みのこの写真は、この時撮ったものです。(抱えているのはバッファローの頭骨。8㎏くらいあったかも…。)

ここでも、後に私のAnimal x Educationの活動の基礎となるお仕事をさせてもらいました。それは、
P1030823.jpg
「牛のおりがみを作ってみよう!」コーナー
と、
P1030989.jpg
「牛のうんちのぬりえ」コーナー!!

P1030822.jpg

この強烈なうんちぬりえをデザインしたのは、はい、ワタクシでございます・・。教育課の皆さんが作った展示パネルの中に「牛の糞は燃料や繊維源など使い道が沢山!」というものがあったので、思いつきました。はい、お下品でスミマセン…。

それまでずっと、周りの同年代と比べると自分はどうしても子供っぽく劣等感を感じるという悩みがずっとあったのですが、この経験を機に、「子供っぽいからこそ喜んでくれる人もいる」ということを実感し、自分らしさを躊躇せずに出す、ということに対して前向きになることができた貴重な経験となりました。
折り紙とうんちのぬりえに自信をもらったのです!!!!



まだまだ話は尽きないのですが、このくらいにしておきます。書いていてもあの時のワクワクが鮮明に思い出されるほど、本当に貴重な経験をさせてくれたシンガポール動物園。この時私に仕事を与えてくれた教育課のお姉さんたちに、あさってまた会ってきます。彼女たちのほとんどが、もう結婚して子供が生まれたので動物園では働いていません。それだけの月日が経ってもずっと繋がり続けているのは、ありがたいご縁。あの時の経験が今に繋がっていることを、感謝と共に伝えたいです。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://yuka2005diary.blog6.fc2.com/tb.php/277-ae82fbea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)