アニマル×エデュケーション
Animal と Education がテーマのオージー娘が綴るつれづれ日記。

シンガポール旅行記ーシティ大変貌!編―

[旅行記を全部見る]
昨日の朝、シンガポールから帰ってきました。
今回のシンガポール滞在は、いつもと違ってとても新鮮だった。今まではシンガポール動物園とコネクションを築くために行っていたようなものだったので、前々回にも書いたアニマルトレーナーのおじさんが動物園内を案内してくれたり、他のシンガポール人の友達が家に泊めてくれたりと、ほとんどお金をつかわずにローカルの目線で国に滞在することができていた。今回は姉と初めて旅行した11年前以来初めて、完全なツアリストとしての滞在。今までとは違う視点から見る3年ぶりのシンガポール、しかも父親と一緒。すごく新鮮な刺激となった。

まず一番に書きたいことは、シンガポールの街全体の変化の速さ!!ある程度は予想していたのだけど、これほどまでに3年前と違う姿を見るとは思わなかった。最新のテクノロジーと建築デザインとを駆使した建物やエンターテイメントを、街中が競って作り上げているかのように、とにかく見る場所見る場所が新しくなっていたのにはとてもビックリした。3年前にはなかったものをざっと紹介:

sIMG_0031.jpg


マリーナベイサンズというホテル+ショッピングセンター+屋上庭園のコンプレックス。長ーい船が3つ並んだ巨塔の上に乗っかったようなデザインの超奇抜なビルで、屋上庭園にはプールやレストラン・バーなどが組まれていて、夜にはそこからビームが出ている。裏も表も海に面してた場所に立っており、そのビルだけ孤立するように立っているためものすごく目立つ。よくこんな複雑なデザインのものをたった数年のうちに建てたものです。。
sIMG_0227.jpg
sIMG_0218.jpg
屋上庭園に行ってみました。良い眺めです。

sIMG_0304.jpg
夜はこんな感じ。きれー!



そのマリーナベイサンズの真下のハーバーで行われるレーザーショー。細かい噴水によって作られ空中にゆれる透明なスクリーン上に、水上から(つまりスクリーンの裏から)映し出されるレーザーと映像のマジックは、見ている人をまるごと空想の世界で包み込んでしまうようだった。見ている間、「すごい」を何度連発したことか。
sIMG_0060_crop.jpg
sIMG_0058.jpg




シンガポールフライヤー。これは観光地によくありがちな観覧車なのだけど、ものすごく中が広い!
sIMG_0034.jpg
sIMG_0038.jpg

大きなガラス越しに前も後ろも360度のパノラマで景色が見られる、レベルの高い観覧車。ゆ~っくりと進んでくれるので、この通り、ぶれずにきれいな夜景が撮れちゃいます!それにしてもきれいな夜景だった☆
sIMG_0047.jpg





ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ。これもマリーナベイサンズとほぼ同時にできた植物園。これまた奇抜なデザインのものを建てちゃって・・。
IMG_0327.jpg
IMG_0324.jpg

時間の関係でごく一部しか見られなかったけど、ここのカプセル型ガーデンはすごく面白かった。めちゃめちゃ天井の高いガラスドームの中に様々な大陸の植物をならべた庭園や、落差35mの人工滝の出るタワーの上に上り、雲のレベル、鳥の目線、樹上に住むサルの目線など様々な高さから植物を見下ろし、最後には地球全体のことを映像で学べるバーチャル空間が待っているという教育的な施設があり、限られた時間ではとても見足りないくらいだった。
IMG_0306.jpg
sIMG_0307.jpg

IMG_0313.jpg
IMG_0318.jpg





そのほかにも、
橋のすぐ真横に平行に作っちゃったDNAの二重らせん構造を模したへリックスブリッジ(写真左)とか、
sIMG_0223.jpg

セントーサ島というリゾートアイランド内にできたユニバーサルスタジオと周辺リゾート
sIMG_0190.jpg

などなど、3,4年来ていなかっただけでこれだけ変貌するシンガポールのエネルギーに圧倒されてしまった。




今回は父親の社員旅行の通訳などをする付き添いということで、これらの観光地巡りを全部スポンサー付きで楽しんで来てしまった贅沢旅行だったのですが、それぞれの入場料のお値段にもビックリ!それまでオーストラリアと比べて物価が安い印象を持っていただけに、お金の飛んでいく速さに唖然としてしまった。。恐るべし、シンガポールの経済成長っぷり・・・!
今もあちこちで大掛かりな工事を行っているので、また3年後くらいに来たらきっとまたすごい変わってるんだろうな。すでにあるいい部分は、あんまり変わらないで欲しいなぁ、というのが本音です。

つづく
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://yuka2005diary.blog6.fc2.com/tb.php/278-ec5303d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)