アニマル×エデュケーション
Animal と Education がテーマのオージー娘が綴るつれづれ日記。

シンガポール旅行記―動物園後編―

[旅行記を全部見る]

前回の続き。

そして、フラジャイル・フォレストを出ると、目の前には大きなきれいな湖。ここで動物と一緒にウェディングの写真を撮りに来る人もいるんです。園内に湖があるのではなく、湖に囲まれた森をそのまま動物園につくり変えた、という感じ。この湖は数少ない貴重な国の水資源なので、シンガポールの人たちが「大事にしなければいけない」と思うは言うまでもありません。
IMG_0274.jpg


動物園が湖に面していると、園内には湖からやってくる野生動物だって登場します。
sIMG_0292_crop.jpg

次の展示に向かい始めた私たちの目の前に突如現れ、2m先をのしのしと歩き、そのままついていくと、なんとマントヒヒの展示の目の前の擬岩に乗り上がり、そこでアリを食べ始めたオオトカゲ君。そう、このオオトカゲは園内から逃げ出したわけじゃないんです。紛れもない野生動物。頭からしっぽまで2mほどの大物・・!

IMG_0286.jpg
マントヒヒの子ザルたちが興味津々にオオトカゲを覗き込みます。

IMG_0287.jpg
動物園内で動物が動物を眺めているという、いともおかしな光景。





いつもお世話になっているアニマルトレーナーのトニーさんのご厚意で、マナティに餌付けをさせてもらいました。
sIMG_0254.jpg

マナティは、浅い海底で水草を食べている哺乳類。口の周りがスーパーとげとげで、指ごと削り取られそうだった!
P1010217.jpg


マナティって、実はゾウに近い仲間なんですよ。その証拠に、手の先にゾウのようなひづめが!
sIMGP1326.jpg
(こんな写真が撮れるのも、マナティがトニーさんの指示にちゃんと従ってくれるから。動物とコミュニケーションが取れるって、いいなぁ・・。)


こちらはマナティの親戚のゾウさん。ここのゾウたちは、背中に乗れるし餌付けもできるし、水浴びも間近で見られるし、ショーも見られるしで、子供たちの大人気です。
IMG_0256_crop.jpg




こちら、珍しいホワイトタイガーの展示。
P1010209.jpg

今回は工事中で見られませんでしたが、本当はシロクマもいます。次回新しくなった展示で見られるのを楽しみにしてようっと!(写真は3年前のもの。)
sP1030826.jpg

同じく、年内のオープンに向けて準備中のリバーサファリで見られる予定の、パンダ。本当は去年オープンの予定だったリバーサファリ、楽しみにしていたのだけど、まだ準備中とのことで、残念!これも次回のお楽しみだな。
sIMG_0238.jpg




というわけで、私に動物園のことを書かせると切りがないので、もうこれくらいにしておきます・・。
お世話になった教育課のスタッフやトニーさんとも会えて、父さんも楽しそうで、よかったよかった。こんな素敵な動物園に縁があることに感謝です。


つづく
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://yuka2005diary.blog6.fc2.com/tb.php/281-2f9c402a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)