アニマル×エデュケーション
Animal と Education がテーマのオージー娘が綴るつれづれ日記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ペーパーアート展 開会式編

sPoster.jpg

ポストが遅くなってしまいましたが、1週間前の金曜日から、私の折り紙の作品がタンクス・アートセンターという市営のアートギャラリーに飾られています。2年前にタンクスで開かれた原爆展で千羽鶴作りのボランティアをしたことがきっかけで、ここのキュレーターさんから出展のお誘いをいただきました。といっても、私の個展というわけではなくて、「ペーパーアート」というテーマでケアンズ中から寄せられた沢山の他のアーティストさんたちの作品と一緒に飾られているんですけど、それでもこういうギャラリーにきちんと自分の作品を展示するのは今回が初めてなので、とても嬉しく思っています。アマチュア折り紙作家として大きなステップになりそうな気がしています。

こちらは、先週あったオフィシャルオープニングセレモニーの様子。
sRIMG1055.jpg

キュレーターがまず一言ごあいさつ。その後紹介された、自称「紙中毒」とおっしゃる女性のアーティストさんが、「紙」という素材の多様性について熱く語ってくれました。キャンバス地、カードボード、プリント用紙、新聞紙、光沢紙、手すき紙、折り紙、色紙、要らなくなった広告紙・・・。切る、貼る、穴を開ける、折る、編む、重ねる、こよって紐にする、ちぎる、繋げる・・・。今回の展示で寄せられた作品だけでも、紙の種類とその使い方をリストアップしただけでその表現方法の幅の広さがすごくよく分かって、改めて紙ってすごい発明品だなと思いました。

sRIMG1060.jpg
そして地元のハイスクールブラスバンドによる演奏があったのですが、この演奏がこれまたすごかった。音楽に合わせて本物の紙をクシャクシャと丸めたりビリビリとちぎったり、手のひらでパンと叩いたりして色んな音を出して見事な演出をしてくれました。何ともテーマにピッタリな演出で、紙は日用品やアート素材だけでなく音楽にもなり得るのかと、紙の使い道の多様さを再発見できた見事なセレモニーでした。


sRIMG1052.jpg

セレモニーの後は、他のアーティストさんの作品を見て回りました。また、私の作品を見てくれている人にお話ししたりもしました。

これがその、私の作品。
sRIMG0983.jpg

写真左:フラワーガーデン
写真中央:編みキューブ
写真右:しだれ桜

全体的に平面アートが多かったので、立体の折り紙はなかなか目立っていて嬉しかった。かなり満足なディスプレーです。こんな壁一面使わせてくれて、私と一緒にディスプレーを手伝ってくれたタンクスのスタッフに感謝!

長くなってきたので、作品の紹介は次回に続きます~!

ssRIMG1075.jpg
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://yuka2005diary.blog6.fc2.com/tb.php/313-e23066c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。