アニマル×エデュケーション
Animal と Education がテーマのオージー娘が綴るつれづれ日記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ペーパーアート展 キューブ&サクラ編

今日でタンクスでのペーパーアート展も幕を閉じ、約一か月飾られていた折り紙のディスプレーを回収しに行きました。回収する作業でもまた、一つ一つの作品から思い出されるものに思いを馳せ・・・・ていたら思い出した!そういえばブログの記事がその①で止まっていた!!
というわけで、もう終わってしまって今さらな感じですが、最近見に行ってくださった方もいたようなので、改めて作品紹介~・・・(^^;ゞポリポリ


RIMG0552.jpg


●編みキューブ
このキューブは一見紙を沢山編んで作ってあるように見えるので“Woven cubes”、つまり「編みキューブ」とタイトルを付けました。が、実際紙を編んで作ってあるわけではなく、立方体の各辺に当る細長いユニットを12枚作ってそれを組んで作るユニット折り紙の一つなのです。
ユニット自体は結構簡単に作れるのですが、それを12枚組むのが一苦労。ノリを使わないと組んでいる途中に外れてしまったりするので、一つ作るのだけで最初は1時間程度、慣れてきても40分くらいはかかります。

sRIMG1115.jpg sRIMG1118.jpg

この時間のかかるキューブを30個積み上げて作ったのがこちらのピラミッド。これに費やされた時間はいったいどのくらいになるんだろう?作っている間は楽しくて時を忘れてしまうので、かかった時間なんてあまり気にしないのだけど、まぁとにかく折り紙でこれだけ飾り応えのあるものを作ろうと思ったら、時間がかかるのである。


でも実は、ここにあるキューブの半分以上は、私の友人が作ってくれたものなんです。去年私の折り紙の活動を知って以来毎回のようにイベントを手伝いに来てくれた彼。この不思議なユニットキューブも教えたら、見事にはまってくれました。去年彼が働いていた学校のイベントで売るためにせっせとキューブを作り、売れ残った作品を快く寄付してくれたのでそれを引き取って、足りない分は自分のストックから足して、今回のような作品に仕上げました。折り紙を教えていて良かったと思うのは、教えた人がある作品をきっかけに「折り紙って面白い!」と思ってくれる時。彼にはそのほかにもレシートからぴょんぴょんガエルを作る方法や、子供が必ず食いつく折鶴の教え方なども教えました。それから、今回エントリーは出したものの選ばれなかった作品「パイナップル」も一緒に作りました。(この作品は合計63枚の小さな折り紙のユニットで作られています!)
職場でも私が教えた折り紙を大いに活かしてくれたし、一年通してワークショップなどの補助もしてくれて、自分の折り紙の活動において本当に大きな存在でした。ちなみに、私に「折り神様」というあだ名を付けたのは、この彼です。その後、折り紙で何か作る時にインスピが降りてくることを「折り神様が降りてくる」と表現しています(笑)。


そんな思い出もあり、二人で沢山作ったこのキューブを合わせて一つの作品にすることができて、お互いに嬉しかった。やっぱりせっかく心を込めて作った作品は、箱の中で眠らせておくのではなく、作品として飾られるべき。沢山の人に見てもらい、「いったいどうやってできてるの?!」と不思議に思ってもらう機会ができて、売れ残りだったキューブたちも喜んでいるように感じた。



●しだれ桜
RIMG0992.jpg

続いて、こちらの作品、枝垂れ桜。この作品は比較的最近のもので、10月にあったJapan Expoの折り紙ストールの飾りとして作ったものでした。
このサクラも前回ご紹介した川崎先生の作品で、本を見ていていつか作りたいなぁと前から思っていた作品でした。ジャパンエキスポで折り紙のストールを出すと決めた時、何か人を引き付けるような作品をのれんのように上から吊るして飾りたいと思い、日本がテーマのお祭りだし、ということでこのサクラを作ることを思いつきました。

でも、作ると決めてから気付いたのですが、これまた一つの花を作るのに時間がかかる!何せ、一つの花に花びらのユニット5枚を組まなければいけないので、のれんのように吊るすとなったら、500枚ほど花びらを折って組まなければいけない。でも、やっぱこの機会に作りたい。さぁどうする?

IMG_1650_crop.jpg

sIMG_1644.jpg sIMG_1643.jpg

そんな状況な時にも、いつも助けてくれる友人がいました。Facebookで「明日○○のオフィスでサクラを大量に折ってるので、もし興味あれば一緒に折りましょう」的なポストを投稿したら、前日予告にも関わらず、5人もの人が手伝いに来てくれました。数日後第二弾をやった時も、また違う5人が集まってくれ、みんなでおしゃべりしたりお茶を飲んだりしながら楽しくサクラを繋いでいったのでした。結果、エキスポまでに目標数のサクラのチェーンを作ることができ、当日はこのように飾りました。風になびいて綺麗に折り紙の美しさをアピールしてくれました。この作品こそ、周りのサポートのありがたさとパワーを身に染みて感じたので、毎年何かのイベントで活用させていこうと思います。

sIMG_0064_crop.jpg




というわけで、どの作品も色々な方からご好評いただき、とても満足に展示を終えることができました。これだけ長い期間自分の作品を公共の場に展示してもらえたのは初めてだったので、この先またこの展示がきっかけで何か新たな機会がやってきそうな気がして楽しみです。
ご来場くださった沢山の皆様方、機会をくださったタンクスのスタッフの皆様、作品作りを手伝ってくださった皆様、どうもありがとうございました。



sIMG_1735.jpg

スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://yuka2005diary.blog6.fc2.com/tb.php/315-3a623fed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。