アニマル×エデュケーション
Animal と Education がテーマのオージー娘が綴るつれづれ日記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


教えることは学ぶこと

先週の小テストで明らかにカンニングしたと思われる答案がいくつか出てきた。けど私がその行為を直接見たわけではないので、名前を明かさずに、且つ本人には必ずメッセージが届くような方法で、クラス全体にカンニング行為について話をした。いつも楽しい授業の雰囲気が、今日はシーンとなってしまった。本当は私だってそんな雰囲気の中で学習してほしいんじゃないけど、そういう子がいたらそうせざるを得ないこと、一部の子の悪い行為のせいでみんなが影響を受けることを話し、そうやってズルしていい点取ってハッピーな人って本当にハッピーだと思う?と問いかけた。今日の小テストは全員机を離させて、まるで学期末試験みたいな雰囲気で受けさせた。本当は楽しい雰囲気の中で、日本語を学ぶことを楽しんでほしいのだけど、今日はその気持ちは押さえて一切笑わずに授業をした。カンニング行為を見抜けない自分の目の甘さが悔しくて申し訳なかったけど隠して怒った。

その授業の途中、一人の生徒が以前のテストの答案とそれに添付したサティフィケート(その子のひらがなのレベルを表す紙切れ)を持って来て、私の目をまっすぐ見てこう言った。

「先生ごめんなさい。私も実は2週間前のテストでズルしたの。だから私、このサティフィケートをもらう資格なんかない。だから返します。ちゃんと勉強してやり直します。」

教師の仕事をしていると、自分の気持ちと反することを沢山しなければいけないのが辛い時もある。でも、こういうふとした瞬間瞬間に、生徒たちと一緒に成長していく喜びを感じられる。
悪いことしちゃった生徒にも、ちゃんと頑張ってる生徒にも、相談にのってくれる他の先生やアシスタントにも、感謝したい。私も生徒たちに負けてられないよなぁ。まだまだ私も成長できるしすべきだと感じたできごとでした。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://yuka2005diary.blog6.fc2.com/tb.php/336-27383e03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。