アニマル×エデュケーション
Animal と Education がテーマのオージー娘が綴るつれづれ日記。

冬の自然観察会@アニマル×エデュケーション 前編

ケアンズの自然シリーズを書いている間、実は私、日本にいました。今はもうケアンズに帰ってきていますが、せっかくなので、今日は日本での自然観察の話を。

IMG_3673.jpg

IMG_3696.jpg


1 月、日本は冬。冬といえば、鳥の季節。虫や植物が省エネモードに入っても、鳥たちは元気!木の葉が枯れ落ちて林は見通しがよくなり、枝にとまる鳥たちが探 しやすくなるし、川や池には冬鳥のカモなどが来るようになります。学生時代、真冬の東北にわざわざ渡り鳥を見るためだけに2泊もしたことがありました。寒 い冬の日本に、もっと寒いシベリアの方からわざわざ渡ってきた冬鳥たちを見て感動し、ますます鳥が好きになっていきました。(その時の日記)

その時のように一緒に鳥見をするような仲間は今回はいませんでしたが、やはり鳥見は楽しいので、新しい双眼鏡も買って、川のある公園などに行って懐かしい日本の鳥たちを見て来ました。

東京に住んでいても、少し野へ繰り出せば、色んな鳥に会えるし、色んな自然の変化を見ることができる。その楽しみをもっと色んな人に広めたいなと思ったので、毎回帰国の度に講師として呼んでいただいている学童保育のプログラムのアクティビティーとして、自然観察を取り入れた授業を行うことにしました。(この学童保育と担当プログラムについての詳細は以前の日記や本家Animal x Educationウェブサイトご覧ください。)





まずは、下見。スタッフの人に教えてもらった散歩コースの地図を見ながら、自分の足で歩いて確認します。
IMG_3708.jpg  さっそく、シメを発見。

IMG_3709.jpg 続いて、ヒヨドリも。


少し進むと、川も流れていました。やっぱり河原は良い!色んな鳥が集まっていました。IMG_3711.jpg
誰かが撒いたエサに群がるハトとムクドリ。

澄んだ冬空に枯れ木。そこに群がるカワラヒワの群れ。冬は葉っぱがないからよく見える♪
IMG_3715.jpg

サクラの冬芽もきれい。IMG_3675.jpg

IMG_3694.jpg お馴染みカルガモ(奥二羽)と、その群れにさりげなく混ざりこむマガモ(手前)。

IMG_3734.jpg コガモのカップル2組。冬しか会えないので会えて嬉しい!

IMG_3731.jpg 続いて、オオバン

IMG_3728.jpg
 バン (残念ながらコバンじゃない)

IMG_3716.jpg 真っ白いパンツをはいたようなイソシギ

IMG_3732.jpg ザ・ことりという感じのかわいい鳥、シジュウカラ

IMG_3721_crop.jpg しっぽフリフリ、ハクセキレイ

IMG_3666_crop.jpg ツグミ。この地味さが日本の鳥っぽい。

他にも、ちゃんと写真は撮れませんでしたが、モズやアカハラなどもいました。

同じく双眼鏡を首に下げ川にカメラを向けている鳥好き仲間のおじさんを発見したので声をかけてみたら、この辺にはキジもカワセミもいると教えてくれました。わぁ、そんなカラフルな鳥達を子供達に見せられたら、喜ぶだろうなぁ!


下見からさっそく色んな鳥が見られてルンルン♪子供たちも同じ気持ちで鳥を見つけてくれたらいいな。


後編につづく
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://yuka2005diary.blog6.fc2.com/tb.php/347-b01b4067
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)