アニマル×エデュケーション
Animal と Education がテーマのオージー娘が綴るつれづれ日記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


冬の自然観察会@アニマル×エデュケーション 後編

前回の続きで、ネクスファでのアニマル×エデュケーションプログラムアクティビティでおこなった自然観察会のお話しの続きです。(この学童保育と担当プログラムについての詳細は以前の日記や本家Animal x Educationウェブサイトご覧ください。)

下見の後いちど教室に戻り、子供達に集まってもらって、お話の時間です。
IMG_3744.jpg

いつもはオーストラリアからSkypeを使ってオンライン中継レッスンをしているのですが、今回はface to face! だんだん名前のわかる子も増えてきたので、やっぱ直接生徒に会えると嬉しいものです。

winter slide 1winter slide 2


スライドを見せながら、この地域ではどんな鳥が見られるかな?という話を進めていきます。
姿だけではなくて、手を使って飛び方の特徴を見せたり、鳴き真似で鳴き声も教えられるのは、Skypeレッスンではなかなかできないことなので、やはり子供達の食いつきもいつもと違う。
特に反応があったのが、「この辺で見られるカラスには2種類いる」という話をした時。体が少し大きく嘴が太いのがハシブトガラス、その逆がハシボソガラスで、都会に割と多いのはハシブトだけど、注意して見ているとハシボソの方も見られるし、一つの群れの中に両方が混ざっていることもある、という話をしました。また、ハトにも2種類いて、駅とか神社によく群れでいるグレーのハトはドバト、一羽とか二羽で電線などにとまって「デデッポッポ〜 デデッポッポ〜」と鳴く茶色いハトはキジバトと言います。こういうちょっとしたことを知ることで、普段から目にしているカラスやハトを見る目が変わってくれたら嬉しいなと思うのであります。

winter slide 4winter slide 3

鳥だけではなく色んなものを見て感じて欲しいので、木々の冬芽や落ち葉、カマキリの卵、霜柱などの写真を見せました。面白いものを見つけたら帰って調べられるように観察記録を描いたり、写真を撮ったり、もし持って帰れるものなら持って帰ってみよう!と子供たちに言うと、みんなやる気マンマン☆ グループに分かれてもらって、各班に虫めがねとクリップボードとペンが渡され、いよいよ出発!




IMG_3742.jpg
IMG_3743.jpg

まず立ち寄ったのは、雑木林のある公園。モグラが掘った土の跡や、水の流れているところもありました。ここなら、子供たちが色々と発見してくれそう!

IMG_3749.jpg モグラの穴にはやはり子供たち大興奮!
IMG_3748.jpg

「先生、あの鳥何?」
「今、『ツピーツツピー』って鳴いてたね。あれはシジュウカラの声だよ。」
「あ、今の『ヒーヨヒーヨ』って鳴く鳥はなんだっけ?」
「ヒヨドリ!!」
「あ、カラス!あれはハシブトかな、ハシボソかな」


あるグループが鳥を見ている一方で、別のグループは植物の観察をしていました。
IMG_3759.jpg
「見て見て、こんなの拾った!」IMG_3747.jpg 
とっても楽しそうでした。



その先で、スタッフの方がこんな鳥を見つけてくれました。都会でもよく見られるこの鳥、何だと思いますか?
ssilver eye_crop 画像提供:Takara Ito
<この時写真が撮れなかったので友人が別の場所で撮った写真を拝借>


ウグイスだと思った方、残念ながら間違いです!答えは「メジロ」。ウグイスあんの色や、よくある梅にメジロがとまっているイメージと「梅にウグイス」というフレーズとがごっちゃになったりして、非常に誤解を招きやすいのですが、このウグイスあんのような黄緑色をした鳥はメジロで、ウグイスはいわゆる"ウグイス色"じゃないんです。すごく隠れるのが得意で、仕切りにホーホケキョと鳴いている時でさえその姿を見ることは難しく、私もウグイスのちゃんとした写真を撮れたことがまだありません。というわけで、またまた友人の写真を借用。ウグイスの姿は、こちらです:
swarbler_crop.jpg 画像提供:Takara Ito

意外とこの事実知られていなかったようで、スタッフの方も新発見だったようでした。


そして細い路地を歩き続けた先には、下見でも来た川が待っていました。
IMG_3737.jpg

まず着いて早々一番に見られた川の鳥は、なんとこの鳥でした!
IMG_3739.jpg
そう、カワセミです。まだみんながまとまっていた時に見られたので、全員もれなく見られたようです。

「頭と背中が青くてきれいだなあって見てたら、こっち向いて、お腹もオレンジできれいだった!」
派手な色彩のカワセミの姿に子供達も大喜びでした。


IMG_3763.jpg
IMG_3762.jpg


カルガモやオオバン、コガモ、キツツキのコゲラなどが見られ、子供達は川の近くに降りて観察したり、記録をつけたりして楽しんでいました。

あそこに何かあるよ。IMG_3752.jpg

IMG_3753.jpg 鳥の巣発見!

IMG_3751.jpg 写真を撮ったり、木の実を採ったり、
双眼鏡を覗いたり。IMG_3756.jpg



生き物を見つけるヒントを与えつつ、自由に子供達に自然界のものを探求させる。付き添いのスタッフの方たちも、いつの間にか子供に返って一緒にはしゃいでいる。こう いう授業を通じて、子供も大人も一緒に「自然っておもしろい!」「自然界には発見がまだまだある」と思ってもらえたら、今日のプログラムの狙いは達成☆

IMG_3765.jpg
中には、こんなにきっちりと記録を付けている子もいました。将来のバードウォッチャーか?


IMG_3764.jpg

そして、夕方4:30を過ぎて大人たちは寒さに縮こまりだしても、子供は風の子!!
川辺の公園に走って行って、みんなで遊びだす元気っぷり!私も他のスタッフも、最後にはみんなジャングルジムに乗ってジャンプして遊んでから帰りました。

あぁ、今回も楽しかった♪こんな機会を日本でも持つことができて、幸せです。
毎回呼んでくださるネクスファスタッフに感謝です。


スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://yuka2005diary.blog6.fc2.com/tb.php/348-04637dc8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。