アニマル×エデュケーション
Animal と Education がテーマのオージー娘が綴るつれづれ日記。

'05オランウータンエコツアー 3日目午前

今日の予定は、午前中は野生オランウータンの調査地区となっているジャングルの中を歩き、夕方にキナバタンガン川をボートで進みながら動物を探すリバークルーズ が1本。
朝早く起きて、ボートに乗って川づたいに目的のジャングルの入り口へと進む。

ここスカウ村はキナバタンガン川の下流域にあるので、川は流れているのかいないのかわからないくらいゆったりと流れています。川幅はとても広く水は茶色く濁っていて、日本で見るような川とはまるで違う。おまけに、川の両サイドはジャングル!初めて味わう熱帯のジャングルの雰囲気に、後輩たちもさっそく感動しています。私も初めてボルネオに来たときは、すんごく感動したもんな。「すげぇ~私今、熱帯のジャングルの中にいる!!」って(^^)。
P1020577.jpg


ジャングルに入ってガイドのBadulたちと合流し、まず私たちが何をしたかというと、木を植えたんです。なぜかって、その木が大きくなると、オランウータンの好物のカユ・マラムというフルーツが実るんだと! なんか、野生のオランたちのためになることを直接的にヘルプしてるって気になって、嬉しいな~こういうの。数年後にまた来たら、私の植えたカユ・マラムがたわわに実ってて、オランや鳥たちが喜んで食べに来るのかしら。。なんかいいことした気分♪
P1020487.jpg



苗木を植えた後、野生のオランウータンを探して森の中を歩く。

熱帯のジャングルの中は、野生動物の宝庫!あちこちから色んな声が聞こえます。
中でもテナガザルの吠える声は、森中にこだまして、ジャングルっぽいBGMを演出。
“ハウ!ハウ!ハウ!ハウ・ハウ・ハウ・ハウハウハウハウハウ・・・・・・”
と、高く響く声で遠く離れた2頭のテナガザル同士が叫び合ってコミュニケーションを取っています。
他にも何種類もの鳥の声や虫の声が聞こえ、地面にはへんてこりんなゴカイの巣やイノシシの足跡、ゾウの糞が見られたり、見たことないような熱帯らしい植物が沢山見られました。
P1010172.jpg

↑これはフタバガキの木の盤根。熱帯では土壌中の栄養が表層に集中しているため、それを効率よく吸収するために表層近くで根を広げ、根っこは地上に飛び出し、結果自分を支えるためにその根っこが板のようになったもの。すごいねぇ・・・。

ジャングルを歩くこと約2時間。。。
でも残念、オランは今日は出てきてくれませんでした。まぁ、いつも会えるとは限らないのが野生動物。だからこそ会えたときの感動は大きい。
明日以降のリバークルーズに期待しよう♪
P1020505.jpgP1020504.jpg


↑オランの作った葉っぱのベッド。主はどこへ??
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://yuka2005diary.blog6.fc2.com/tb.php/35-d5145531
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)