アニマル×エデュケーション
Animal と Education がテーマのオージー娘が綴るつれづれ日記。

自然観察ツアー@センテナリーレイク ~準備編~

まだまだカンガルー島の写真日記も完結していませんが、割り込み投稿。
s-cover.jpg

これももう2週間前のことになりますが、カンガルー島から帰って早々、ケアンズウィングのお声がけにより、センテナリーレイクにて親子向けの自然観察会をしていました。

この観察会をしようということになったのには、色んな人との繋がりとそれぞれの目指すものとがマッチして実現したのですが、このブログではそこは割愛。ケアンズウィングの生みの親でもあり、Pouchというお店を経営しながら色んな情報を発信してケアンズの日本人コミュニティを繋いでいる恵子さんが、素敵な宣伝文の中にその経緯を書いてくださっていますので、詳しくは恵子さんのブログをご覧ください。
  恵子さんのブログリンク
  「『ケアンズの自然の素晴らしさ再発見』シリーズ企画始めます✨」
  「ネイチャーウォークのお申し込み開始しました」


このネイチャーウォークで一緒にガイドをしたのは、お馴染みのこの方。
s-IMG_0675_crop.jpg

今年ケアンズ入りして約一年ネイチャーフォトグラファーとして活動してきた、私の大学の後輩でもあるTakara君です。撮った写真を基にとても素敵な文章を書くので、ケアンズの様々な魅力を発信する目的で誕生したケアンズウィングに彼を紹介したところ、さっそくライターとして活躍し始めてくれました。その新しい繋がりと色んな個人的なやりとりから話が進んで、観察会実施へといたりました。

こういうローカルの親子向けの自然観察会を以前からずっとやれたらいいなと思っていたので、実現できて本当に嬉しい。まさに、「アニマル」×「エデュケーション」の両方の要素を活かすオフィシャルな機会!さっそく準備に取り掛かりました。



この観察会に向けてまず準備したかったのは、子供たちが楽しく学ぶためのアクティビティーブック。こういうのを作るのは私のもっとも得意とする分野なので、作っている間、楽しんでいる子供たちの顔を思い浮かべながらルンルンで描き上げました。

s-cover illustration_FB
表紙のぬりえのイラスト。
はりきりすぎて鳥だらけになったんじゃなくて、本当に実際もこんなに鳥がいっぱい見られるんです、この場所は。
s-cockatoo thinking

勝手にゆるキャラも誕生。(名づけ親募集中!!)

s-IMG_3859.jpg
見つけた生きものや植物をその場でチェックするリストとクイズ。

s-スライド6
とりクイズ。
Takara bird illustrations イラストはTakara君にも協力してもらいました。




それから、アクティビティブックの作成の前に行った、下見の観察会。これはケアンズウィングのスタッフの家族と一緒におこないました。 <写真提供: Yuta Okamoto>

s-DSC_0010.jpg
原生林をそのまま残したボードウォーク。

s-DSC_0005_20151017224458848.jpg
池にはヒナをたくさん連れたカモの親子が!人間も動物も、親子ってなんか見ていてほのぼの。。

s-DSC_0025_201510172244583e8.jpg
アシナガバチの古巣が付いた状態でヤシの実の枝が落ちていたので、手にとって見せました。
(もちろん、ハチはもう住んでいませんよ。。)

s-DSC_0031.jpg
木の葉っぱの間に糸を紡いで巣を作るツムギアリ(グリーンアンツ)の巣を見せています。


IMG_0891.jpg 順路を確認し、

IMG_0871.jpg 植物クイズに使う写真を撮ったり、

IMG_0878_2015101722261461c.jpg IMG_0889_201510172226141ad.jpg 今の時期咲いている花や、地面に落ちていた虫の巣、

IMG_0870.jpg

今いる鳥の名前と見られる行動、特徴など、実際のコースを歩きながら話のネタを押さえていきます。




こうしてできあがった生きもの観察ツアーとアクティビティブック。なんか既にかなり満足♪ あとは当日来て下さる親子にいかに楽しんでもらえるか。私たちがこんなに楽しんでできることなので、きっと来て下さる方も楽しんでくれるに違いない!

大人も子供も一緒にワクワクしながら自然観察を楽しんでいる姿を頭に思い描きながら、当日を心待ちにしました。


そして当日~。 → つづきを読む
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://yuka2005diary.blog6.fc2.com/tb.php/370-1baf5d05
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)