FC2ブログ
アニマル×エデュケーション
Animal と Education がテーマのオージー娘が綴るつれづれ日記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


セカオワブーム中

今まで私の中で数々のマイブームというものがうわぁぁぁぁぁぁぁっと来ていつの間にか去っていったものですが、只今のマイブームは4人組J-popバンド「SEKAI NO OWARI」通称セカオワさん。

Tarkus3_20180614204729682.jpg 
画像元:https://sekai-no-owari.tokyo/archives/35380  

あるYouTubeのライブ映像をきっかけに、その世界観の表現力とメンバーそれぞれの個性に惹かれ、気づけばすっかり彼らのファンになっていました。
特に私はピアノのSaoriちゃんのファン。自分も4人組バンドの紅一点でピアノをやっているからというのもあるけど、彼女のピュアで感謝に満ちた女神様のような人柄とかかわいらしい容姿、しゃべり方、そして小説まで書いてしまうほどのずば抜けた言葉の表現力と意志の強さなど、リスペクトの要素を沢山持ち合わせており、完全に私の中で憧れの人となっております。

Saori_201806142047242c8.jpg futago.jpg「ふたご」ももちろん読破。


彼らが私の中で特別なアーティストになった理由は、その音楽性や個性だけでなく、何よりも彼らの気持ちの真っ直ぐさ。いじめにより居場所をなくしたり、高校中退、病気により留学も受験も断念するなど幾度もの苦しみを味わったりした末、それをそばで支えてきた幼馴染の仲間たちと一緒にバンドを結成した。「終わりからもう一度始めてみよう」という想いでつけられた「世界の終わり」というバンド名には普通では想像もできないほどの彼らの「すべて」が込められていて、その努力量と真っ直ぐな気持ちがあるからこそ伝えられるメッセージに感銘を受けた多くの人達が、一気に彼らをここまでのバンド成長させたのだと思う。これだけ一躍有名になった今もなお、ファンを楽しませたいという気持ちはまっすぐで、そんな彼らの作りだすライブ空間はファンタジーの世界が広がり、いつか自分もあのライブ空間の中で彼らの生演奏を聴いてみたいなぁと思いながらYouTubeを見ていたのでした。

Tarkus_201806142047254e7.jpg 
画像元:https://sekai-no-owari.tokyo/archives/35380


それが、ある日突然実現したのです!


好きなセカオワの楽曲のピアノ演奏動画(↑)を作ってFacebookにアップしていたその時、

Facebook2.jpg 
との投稿が!私のセカオワ愛が天に通じたのか?!
しかも投稿主は結構仲のいい従姉!

すぐさま連絡を取ったら、案の定、このためだけに突然帰国なんてぶっ飛んだ発想に「一応一晩ゆっくり考えてみてから決めたら?」と従姉に冷静な対応をされ(笑)、2,3日冷静に考えた末やっぱりこれは何かのご縁と思い、3週間後の弾丸トリップを手配したのでした。

というわけで、今日はここまで~。続きはまた次回


スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://yuka2005diary.blog6.fc2.com/tb.php/401-b07f4c00
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。