アニマル×エデュケーション
Animal と Education がテーマのオージー娘が綴るつれづれ日記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


さようなら、キンギョちゃん

昨日の夜中、7年間飼っていたうちの巨大キンギョが天に召されました。
原因は、松かさ病という細菌感染による病気でした。お腹がポンポンに膨れ、眼球が飛び出し、うろこが松ぼっくりのように立ってしまう病気です。

P1040045.jpg
死亡2日前

数週間前からだんだんお腹が膨らんできていたので、「こいつ、食い過ぎだ。」とか言ってたんですけどね。さすがにここ数日で、はち切れんばかりのお腹になってきて、だんだん目玉も出て来たので心配になって、うちの大学の魚病学の先生に写真を見せてみました。とても親切な先生で、疑わしい病気(その時は腎臓腫大症かと検討していました)に詳しいT大の先生にメールを送って下さり、その日中に返事が転送されてきました。
T大の先生曰く、水の交換を怠っていたことに加えて最近の温度の低下が引き金になって、細菌感染症が発症したとのことです。先生のアドバイス通りに水に塩を入れる治療を試みましたが、治療を試みて2日目に死んでしまいました。
9月の引っ越しまでは実家で妹が世話をしていたのですが、妹も私も「かわいそうなことをしたね」と深く反省・・・。ごめんね、キンギョちゃん。
P1040067.jpg P1040069.jpg

こんなふうに、最期は本当に“松かさ”状態。丸々して、お腹で立たせられるくらい。ぽんぽこぽん。

病気の進行に気づいてから、普段は封印されているような魚病学の資料を真剣に読んで治療法を探っていた自分がいた。やっぱこういうことがあると、自然と勉強って手につくんだなぁ。獣医の科目の中でも魚病学には特に興味無かったのに。勉強になりました。
キンギョを治してあげることはできなかったけど、キンギョちゃんの病気のおかげで沢山勉強できました。キンギョちゃんありがとう!!
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://yuka2005diary.blog6.fc2.com/tb.php/43-96ade104
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。