アニマル×エデュケーション
Animal と Education がテーマのオージー娘が綴るつれづれ日記。

英語へのこだわり

毎週土曜日、私は横浜にあるいわゆる通訳者・翻訳者養成スクール、某Sアカデミーというところに通って英語を勉強しています。
英語に対するこれまでのモチベーションをこれからも持ち続けるためにも、今ある思いを忘れないようにここに書き残しておこうと思います。

ここのスクールに通う前は、かの有名な英会話スクールN○V△に行っていた時期もありました。でも、求めていたものを満たしてくれるスクールではないと気づいて、すぐにやめちゃいました。。ただ話すだけじゃなくて、もっと将来本当に役立てられるきちんとした語学力を身につけたいと思ったので、“(ただの)ネイティブスピーカー”じゃなくてちゃんとした“英語を教えてくれる先生”が必要と思い、探したスクールがここでした。
授業料はもちろん普通学生が払う額じゃないけども、ここでケチって何もしなかったら、ただの“しゃべれる人”止まりになってしまう。それじゃ自分の強みだなんて思えなくなる、それじゃ休学してる今の時間が無駄になる!そうと思って、入学時に大学からもらった奨学金の貯金を使って通い始めることにしました。

翻訳や通訳のコースを受けるにはまずは総合的な英語力アップが必要!ということで、今受講してるコースではCNNニュースなどを題材にしたリスニングやワークシート、ディスカッションやライティング、リーディング、文法などをやっています。9人のクラスメートと熱心な2人の先生と共に充実したレッスンを受けられ、ここを選んでよかったと本当に満足しています。(・・・・・・宣伝??;)

そう、今年度休学して、その間にやろうと思ったことのメインの1つが、英語の勉強だった。英語だけは常に自分の中でkeep upしておきたい、それは高校卒業後以来思い続けてきたこと。
なぜそこまで英語にエネルギーを注ぐかというと、もちろん1つのきっかけに高1の時の留学がある。でも、それだけじゃないです。というか、別に私が英語を使えるのは「留学したから」じゃない。私が英語の勉強を始めたのは普通に中1からで、別に帰国子女とか言うわけでもなく、もともと英語がしゃべれたわけじゃない。
ただ、「気づいたら英語が身に付いていた」と思わせるような、理想的な環境下で勉強していたのだな、と、それは今になって思います。私の通っていた中高一貫校は英会話教育に力を入れていて、中1からネイティブの先生に英会話を教わったり、語学研修旅行という名の修学旅行(to Canada!!)があったりと、他の学校には無いようなカリキュラムに恵まれていました。でもそんなことには在学中は全く気づかず、それが普通と思ってしまっていました。学校の勉強だけでもしゃべれてる子は結構いたから、交換留学から帰った後も、自分が周りの人と比べてすっごい英語力ついたとは特に感じていなかったし。
むしろ、その6年+1年の成果に気づいたのは、大学に入ってから。初めて自分の行ってた学校がいかに恵まれていたかを知り、自分がいつのまにか英語をしゃべれるようになっていたことがいかにadvantageousなことか気づきました

「自分にはこれがある!」と自信持って言えるものが何か無いと、私はすぐ自分に自信がなくなってしまう人です。だから、それを見失いたくないから、大学に入ってからもずっと、自分の強みとして英語をキープするよう心がけてきました。(その分、母国語の方がだいぶ犠牲になってますけどね・・・。ニホンゴ、ムズカシネ^^;)

そしてもちろん、そのスキルを将来にも生かすことも考えてきました。英語は獣医師免許のように仕事を与えてくれるカードではなくて、あくまで1つの道具です。英語が使えれば、世界中の色んな人と通じ合える、考えを共有し合える。英語が使えれば、島国ニッポンが持っている沢山のイイトコを、もっと広くもっと外へ広げる力になれる。これは、どんな分野においてもこの先すごく重要になってくることだと思います。私はたまたま獣医の道を歩んでいるので、このツール:日本と他国を繋ぐツールを、獣医師として活かしたい。

もともと「人に何かを伝えることで間接的に動物の命を守りたい。」そんな考えを持ちながら、今までもやってきたしこれからもやっていきたい。私はその「人に何かを伝えること」を「教育」と呼んでいるけども、そのキーワードを更にしっかりサポートするプラスの要素として、これからも英語の力をできる限り伸ばしていきたいと思います。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://yuka2005diary.blog6.fc2.com/tb.php/51-9ef453e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)