アニマル×エデュケーション
Animal と Education がテーマのオージー娘が綴るつれづれ日記。

振り返ってみて

DSC02179.jpg
 3月に留学を決めてから、その時の考えを忘れないように、そしてその考えを自分の中で留めて終えないようにと、色んなことをこのブログに書きました。これらを振り返って感じたこと。

 3月に書いた記事は、沢山の人に読んでもらえました。そしてコメントも、公のもの・個人的なもの合わせて多数いただきました。ありがとうございます(^^)。
 色んな人から色んなコメントをもらって実感したことは、
「色んな捉え方をする人がいるんだなぁ。」
ということでした。
 
 私がなぜここに考えたことを書いて他の人にも見てもらえるようにしているのか。それは、冒頭に書いたとおり、“その時の考えを忘れないように、そしてその考えを自分の中で留めて終えないように”。そういう目的で書いているから、その時自分の考えたことをありのままに書くことに意味があると思って私は書いています。考えることには、ポジもあればネガもあります。だから当然、ポジティブな内容だけを書くという訳にはいきません。ポジティブなことだけを書き残すのは、自分にウソついて書いてるような気になってしまう。

 だけど、私がこのブログでネガティブなことを沢山書いていることに対して、だいぶ指摘も受けたので、色々と反省させられました。
 書く目的がどうであろうと、見てくれる人たちはみな私の身の回りの人たちで、似たような道を歩んできた人たちです。私にそんなつもりはなくても、私の言葉を不快に捉えてしまう人も結構多くいるんだということを知りました。気づかせてくれた皆さん、どうもありがとう。

 一方、私の言葉にいい刺激を受けてくれる人もいるんだということも実感しました。
 ネガとポジとが共存するからこそ、ポジの真実みがあって、そこから受ける刺激が大きい。
 弱みと強みとが共存するからこそ、強みが光って見える。
 そういうことなんだろか、善く捉えてもらえるのは。
 優しい言葉、感謝の言葉、応援の言葉をくれた皆さん、どうもありがとう。


 結局。
 何か書き残したい時、人に何かを伝えたい時、言葉にはパワーが生じる。同じ言葉でも、そのパワーがトゲのように刺さってしまう人、感情を揺すぶられる人、自分のパワーに変えるいい刺激と感じる人、色々な捉え方をする人がいる。
 だから、人から受ける評価をいちいち気にして考えを伝えることをためらってはいけないのだなと改めて思いました。
 ただ、書き方によっては不快に思わせてしまう人も結構いたということと、それに対して真剣に気にしてしまう自分がいたことは、大きな反省点となったので、それもきちんと意識しながら書いていこうと思います。

 やっぱり、人に何かを伝えるのは好きです。そして、それに返答してもらうのは、もっと好き。最終的に、伝えることで少しでもいいから、良い方向に人の心を動かすことができたら本望です。
 そのことを発展させて、将来も「人に何かを伝える」人になりたいな。
 今までのことにきちんと感謝して、これから前向きに前向きに夢に向かって進んでいこう。

“You are not what you say but what you do.”
 言葉で言ってても進まない、アクションで前へ進まなきゃな。

20060415022709.jpgDSC02148.jpg

スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://yuka2005diary.blog6.fc2.com/tb.php/62-5a9af2ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)