アニマル×エデュケーション
Animal と Education がテーマのオージー娘が綴るつれづれ日記。

ケアンズパレード大成功!-前編-

今日はケアンズパレードに初出場~!私が初出場なだけじゃなく、実は日本人コミュニティがこれに出ること自体が初だったみたいです。それなのに、オーガナイザーの呼びかけに応えて集まった参加者なんと300人以上!中にはコスプレで参加したオージーもいたけど、ざっと計算しても、ケアンズにいる日本人の約9人に1人が出たことになる。他に参加チーム50団体くらいある中で、日本人チームの大名行列はダントツに目立ったに違いない。


sIMG_1047.jpg


[続きを読む]

「ありがとう」しおり作り

前回のつづき。
来週行われるケアンズお神輿パレードにて、ケアンズの人たちに「ありがとう」を伝える目的の「サンキューウォーク」に出ることにした私。感謝を「折り鶴」という形で観衆に配りたいと思いついた英美さんが、真っ先に私に声をかけてくれたのが嬉しかったので、そのせめてものお礼として、サンキューウォークのチームリーダーを務めさせてもらうことにしました。折り鶴を配りながらケアンズの人たちに「ありがとう」を直接伝えられるなんて、こんな素敵な機会はなかなかないと思うので、とても嬉しく思っています。

せっかく配った折り鶴が捨てられてしまうのでは?という懸念から、最終的には折り鶴を貼り付けたしおりに手描きで「Thank you」「ありがとう」と書いたものを配ることになり、その準備が2ヶ月前くらいから始まっていました。今日はその準備の様子を公開~♪

ssRIMG2436.jpg



[続きを読む]

ケアンズパレードに参加します

ケアンズでは毎年8月に、ケアンズ市挙げての大きなパレードがあります。地元のコミュニティーグループが自分達のアピールのために、エスプラネード沿いの道を練り歩いたり、トラックの上でパフォーマンスしたりします。去年シェアメイトたちと一緒に見にいきましたが、いろんなエスニックグループがそれぞれの民族衣装で伝統的な楽器や飾りを持って行進したり、NGO団体が旗を掲げてビラを配ったり、ダンスグループがダンスしながら歩いたり、バンドグループがトラックの上で1時間ノンストップで歌い続けていたりと、とにかく賑やかなパレードでした。
sIMG_0464_edit.jpg
<去年のケアンズパレード>


今年は、そのケアンズパレードに日本人グループが参加することになり、ざくろ工房の英美さんを中心に準備が進められてきた。「パレードで折り鶴を配りたいのでご協力いただけませんか」との連絡を彼女からいただき、やりとりをするうちに英美さんのパレード参加に対する熱い思いにとても共感し、私もパレードに参加することにしました。
というわけで、ことしはケアンズ2年目にして、ケアンズパレードの大観衆の前でエスプラネードを練り歩いちゃいます!


[続きを読む]

Relay for Lifeチャリティイベント

こないだの日曜日は、朝早くからケワラビーチに出向き、チャリティイベントに参加していました。Cancer Councilという、癌患者やその医療を支援するナショナルワイドな機関が定期的にやっているイベントで、Relay for Life(=命のためのリレー)という名前で各地でイベントをやってファンドレイズをしているようです。今回集められるお金も、州の癌研究機関へと寄付されるとのこと。

折り紙でファンドレイズをすること自体は初めてではなかったのだけど、今回のイベントでは初めてグッズを売るということに試みた。前回の記事ではそのグッズ作成の様子を書きましたが、これもH美さんの協力のお陰で実現したこと。本当に感謝です。
結局ブースでは、折り紙のカードとH美さん作成の折り紙イヤリングを販売したほか、いつのもごとく、私の折り紙作品たちを並べて、「折り紙体験コーナー」をドネーションでできるようにしました。


こちらがブースの様子。
RIMG1863_20120509194936.jpg

[続きを読む]

震災一周年チャリティイベント

震災から1年が経ちましたね。この一年、日本が歴史的な大打撃を受けて、その影響が日本人一人ひとりの考え方や、世界が日本を見る目まで変えていくのを、ネットなどを通じて外から見てきました。ここケアンズにも、放射能などの影響を懸念して子どもを連れて移り住んでくる日本人がどんどん増えてきており、縁あってそういう人たちと色んな話を交わしてきた。
日本から来た人や被災した家族を持つ友達が「あの時、本当に怖かったよね~」という話をしても、想像でしか同情することができないし、日本のマスコミが日本でどういう報道をしているのかを見ることもなかなかできず、様子がよく分からない。そういった、被災した日本を外から見るジレンマが色々ありつつも、せめて自分にできることがあればと色々自分なりにやってきた。

そんな中、去年の4月にあったJapan Day of Hopeというチャリティイベントで、日本領事館から「折り鶴の折り方を教えられるボランティア募集」というメールを受け取ったことをきっかけに、自分の大好きな折り紙で社会貢献することの楽しみを見つけた。で、別のイベントをきっかけに「おりがみケアンズ」を立ち上げて、ちょうど軌道に乗り始めた頃に、また今年のJapan Day of Hopeのオーガナイザーの一人に声をかけてもらうことができ、今回のイベント参加に至った。だから、こういう形で日本の被災地の人たちのために何か貢献できたことが、素直にすごく嬉しかった。


というわけで、いつものごとく前置きが長くなりましたが(笑)、イベントの様子です♪

o0401060411828938630.gif

[続きを読む]

おりがみワークショップ大成功!!

先週は立て続けにイベントが続き、忙しさにかまけて久しぶりの更新となってしまいました。ごめんなさい。
もう2週間も経ってしまいましたが、先日ボタニックガーデンで行われた初めてのパブリックおりがみワークショップは大盛況に終わりました!その時の様子です:


まず、ディスプレー準備。前回の記事に登場したヘリコニアと、バラのブーケです。
sRIMG1162.jpg sRIMG1174.jpg sRIMG1177.jpg

こちらがディスプレー完成形。かなり満足度高いです。
ssRIMG1199.jpg

ディスプレーの写真はAnimal x Educationのアルバムからもっと見られますのでよかったらご覧ください。


[続きを読む]

折り紙ワークショップ@ケアンズ植物園

最近、人とのご縁に本当に恵まれていて、Animal x Educationの一環としてやっている折り紙の活動がついにパブリックワークショップという形で、ケアンズ市の協力をいただけることになりました!これから定期的に、市営の植物園内のビジターセンターでやらせてもらえそうです。「おりがみケアンズ」公式デビューです♪

sorigami WO Poster

植物園スタッフがこんなポスターまで作ってくれました。記念すべき一回目は、植物園で大量に余っている緑や赤色のパンフレットを四角く切って、それらから花を折ろうというなんとも素敵な企画。紙さえあればどこでも誰でも気軽に作品が作れる折り紙の魅力を伝えるほか、紙を再利用する方法としても折り紙を推奨したいなと思っています。

舞台があの緑あふれる植物園で、しかも内容もバイオロジカル&エコロジカルなものでスタートできるなんて、なんて恵まれているんだろう。絶対に成功させて、定期イベントとして続けさせてもらいたいな。そう思っています。


さらに今週土曜日からは、その会場のガラスケースに私が折り紙仲間の皆さんと一緒に折ったお花たちが展示されます。自分の折り紙を人から依頼されて展示するのも今回が初めて。ケアンズにお住まいの皆さん、是非見に来てくださいね♪

原爆展終わった~

先週の水曜日で、1ヶ月に渡った原爆展が終了した。結局、開催中の土日はほぼ毎日ブースへ足を運んでいた。お陰で、最後に展示が片付けられるときにはものすごく寂しい気分になってしまった。そのくらいやりがいのあるボランティア活動だった。

開催中、展示を見に来た人たちに千羽鶴を作ることを呼びかけていたのですが、中には「私は折り紙なんかできないわよ~」という人も結構いたので、そういう人たちには四分の一サイズに切った折り紙に平和を願うメッセージを書いてもらい、それを大きなメッセージボードに貼り付けていく作業もしていた。そしてその表紙には、「PEACE FOREVER from Cairns」「平和」の文字とともに、ケアンズからみんなの気持ちが蝶になって世界へ羽ばたいていく感じをイメージしたデザインを描いて、色も全部折り紙をちぎったり切ったりして貼り合わせて作った。それがこれ↓

RIMG0241.jpg
<千羽鶴とともにヒロシマへ送られるメッセージボードの表紙>


[続きを読む]

フォーラム後考えたこと

そんな熱いフォーラムが終わったのが夜10時、その後も展示を見続ける人たちもいたので、なんとなく私も千羽鶴コーナーに居座ってみる。そこへ、ワインを片手に持ったオージーの女性がやったので、「鶴おりませんか?」と声をかけると、「Sure!」とそこへ座った。
「フォーラム、すごかったですね。」と私が切り出してしまったばっかりに(そして相手は酒が入っている!)、それからさらに1時間、その知らない女性と二人で戦争や国のあり方などについて語り合ってしまった。

「戦争」。もちろん私は反対なわけだけど、今までなんでこんなに非常識なことが、「国」という単位で起こるのかが理解できなかった。今までなんとなく「戦争反対」という意見は持っていたものの、それは学校でそういうふうに教わったから、とか、周りの人が戦争に反対しているからそれが常識だと思っていた部分がある。だけど、今回のフォーラムをきっかけに、戦争のもたらす利益や、当時日本の敵だった国の視点も理解した上で、自信を持ってなぜ自分は「戦争反対」なのか言えるようになった。

RIMG0093.jpg
<長崎の原爆投下時刻で止まった時計>



[続きを読む]

フォーラム: 戦争はいったい何のため?

RIMG0056.jpg

原爆展の開会式では、広島からわざわざ招待された原爆体験者のハサイ先生の体験談のプレゼンテーションがあった。日本ですらそんな経験はなかなか得られないのに、本当に原爆を体験された本人がまだ生きていらして、ここケアンズでその本人からナマの体験談を聞けるなんて、これも何かの縁だろうか。


RIMG0040.jpg


その夜、市民参加型のフォーラムが開かれた。その名も、「War ~What is it good for?~」というタイトルで、戦争の意義について熱い討論がなされた。
[続きを読む]

原爆展と千羽鶴

今月から来月にかけて一ヶ月、ケアンズで原爆展が開かれています。ふぅ~ん、と思うだけかもしれないけど、実はこれ、ものすごくレアですごいことなんです。この展示は広島平和記念資料館から送られてきたものなのですが、オーストラリアで展示するのは今回が初とのこと。その開催が、大都市のシドニーでもブリスベンでもなく、田舎町のケアンズでっていうのは、とてもありがたいこと。どうやらその背景には、ケアンズの市長さんが「平和市長会議(Mayors For Peace)」の会員になることに去年決めたということがあるようで、つまり、ケアンズ市が行政として「核兵器の廃絶に協力します」ということを、今回の展示という形で市民に公にしたってことみたいです(たぶん)。

で、この展示のボランティア募集の案内が日本領事館から送られてきたのがきっかけで、今回もまた千羽鶴を折る呼びかけをするブースでボランティアすることになりました。なので毎週末、土日とも展示場に入り浸って折り鶴を教えながら、原爆の残したメッセージについて考えさせられている今日このごろ。こんな機会がなければ考えないであろうことを考える機会ができて、とても幸運に思っています。

RIMG0097.jpg RIMG0023.jpg RIMG0020.jpg
[続きを読む]

Animal x Education新セクション追加

こないだのイベントをきっかけに、個人サイトAnimal x Educationに新セクションを追加しました。これまでに関わったAnimal x Education関連のお仕事のことや作った教材などを紹介するページ。これを見て私の目指すものを人に伝えたり、利用してもらえるようになるといいな。
http://animal-education.jimdo.com/animal-education-works/
sAnixEdu update Oct


そういえば、このブログのタイトルも個人サイトに合わせて 「アニマル×エデュケーション」に変更しました。変更前は「アニ×エデュの頭ん中」というタイトルでしたが、覚えやすく検索もしやすいように、分かりやすいタイトルにしました。リンクなど貼ってくれてる皆さん、お手数ですが表示を変えといてください。


先週の帰国でもまた新しく人との繋がりができたし、今月は、ケアンズで原爆展があります。今はまたそれに向けて千羽鶴の折り紙ブースの出展準備に取り組んでいます。Animal x Educationを世に出す機会に恵まれ始めた今日この頃。せっかくの機会でいい印象を与えられるように、慎重に準備を進めていこうと思う。

そして、支えてくれている沢山の人に、いつも感謝です。ありがとう。

イベントづくし! 後編

前回のつづき

午後は、ステージパフォーマンス。この日一日ずっとステージ上では色んな民族のダンスやミュージックパフォーマンスが行われていたのだが、日本人グループは、小さい子達のアンパンマンダンスと大きい子達とその親でソーラン節(そこになぜか私も飛び入り参加!)を披露した。シェアメイトの子のキラリちゃんが、得意げにアンパンマンダンスを踊っていて、めっちゃかわいかった!私たちのソーラン節も、大盛況だったようでよかった。何より、これをきっかけに子ども会の人たちと仲良くなれてよかった。ソーラン節は去年もおととしも踊ったのだけど、男らしい動きや衣装も好きだし、音楽も日本らしいし、踊るたびに日本の誇りを全身で感じる。「I'm proud to be Japanese!」という気持ちを表現する最高の場だった。

P1120030.jpg
[続きを読む]

イベントづくし! 前編

P1120058.jpg

昨日、今日と地元のコミュニティイベントに参加し、すごく濃い週末を過ごしました。昨日はトロピカル・ウェーブ・フェスティバルという多国籍文化を紹介するイベントで、今日はディスカバー・ジャパンという日本の文化を紹介するイベント。どちらも折り紙とソーラン節で参加しました。

今回も新しい人とのご縁が色々とありまして、おかげさまでとても有意義な参加となりました。

もともとは昨日あったトロピカル・ウェーブ・フェスティバルの方に折り紙のストールを出そうかなと思って申し込みを送っただけだったのですが、そこから「他にも折り紙をやる日本人団体がいる」との情報をもらい、イベントの一週間前に、「ケアンズ子ども会」という団体の代表の方にやっと連絡が取れて、今から会いましょう!と。で、会って話してみたところ、偶然にもその人も学校で日本語教師をしている人で、話が合い、意気投合。合同でブースをやらせてもらうことになった。で、ついでにソーラン節も一緒に踊りませんか?と。え、いいんですか?!もちろんですとも!!


[続きを読む]

イベント参加

今週末の土曜日に参加するトロピカル・ウェーブ・フェスティバルに向けて、せっせと準備中。

もともと折り紙のストールを出そうと申し込んでいたのですが、ケアンズ子ども会という団体も毎年折り紙をしているとのことで、合同でやらせてもらうことに。ついでに彼らと一緒にソーラン節も踊ってきます。(結局ここ3年連続で踊っている!)

で、この機会にAnimal x Educationをケアンズのコミュニティに公にしようと思い、ただいませっせとウェブサイトを更新中。今までのAnimal x Education関連の活動や仕事をアップして、似たような仕事の機会をこれからも増やせるように、またこういった活動やスキルに興味のある人と繋がりやすいように、今週末までにある程度形にしたい。

現在、このような感じになっております↓
http://animal-education.jimdo.com/
sCapture.jpg
sCapture2.jpg

今週で3学期の仕事も終わり、来週には日本に遊びに行く♪早いなぁ。どうかイベントがうまくいきますように!