アニマル×エデュケーション
Animal と Education がテーマのオージー娘が綴るつれづれ日記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2015年を振り返る

2015年のコミュニティ活動暦を振り返りながらししみじみと思い返す。今年もよく動いたなぁ。折り紙もピアノもウクレレもドライブも旅行も楽しんだ。仕事も頑張ったし、体のメンテナンスにもそれなりに時間を費やしたし、プライベートも充実していた。どのタイミングを切り取っても、私は人と関わりながら自分の好きなことをシェアするのが大好きで、絶えずそうしてきたなぁと。それが仕事であれ、コミュニティー活動であれ、趣味であれ。そんな風に毎日を楽しめるのは、周りの人が興味を持ってくれたり、頼ってくれたり、一緒に時間を過ごしてくれるお陰。2015年も充実な一年でした。周りの皆さまに本当に感謝です。そして、2016年もどうぞよろしくお願いします。

ちなみに今年のコミュニティ活動暦と今年作った折り紙作品の写真たちを以下のページにまとめてみましたので、よかったらご覧ください。
2015年コミュニティ活動暦: http://animal-education.jimdo.com/animal-education-works/2015/
2015年折り紙作品: http://animal-education.jimdo.com/origami/2015/

おりがみイヤリング作り

先週初めての試みで、折り紙をレジンで固めてアクセサリーを作るワークショップを行いました。一緒にコラボしたのは、ヘアサロンユリシスのオーナーさんであるマミさんです。ものすごく器用&美的センスに優れた方で、趣味でステンドグラスやパステルアートなど様々なアート&クラフトを手がけていらっしゃるのですが、今年になってレジンアクセサリー作りにはまり、ご自分で研究を重ねていくうちに、あっというまに普通にお店に出して売れるクオリティーのアクセサリーを作れるようになってしまったというすごい方。それまで作ったアクセサリーは、ヘアサロンでのメンバー特典としてお店にも並べられていました。

ある時、マミさんがセキセイインコのチャーリーちゃんをペットに迎え入れたことがきっかけで、おうちにお邪魔させていただいたのですが、その時にマミさんのレジンアクセサリー自宅工房を見て、「すごーーーい!!」となり、「Yukaさんもやってみますか?」となり、その時たまたまあった黄緑色の折り紙でチャーリーちゃんをモデルにイヤリングを作ってみたのです。
s-IMG_3932.jpgs-IMG_3927.jpg

思ったよりも短時間で作れたことに感動し、またマミさんも折り紙のチャーリーちゃんを気に入ってくださり、「是非コラボで何かしましょう!」となり、今回のワークショップにいたりました。
[続きを読む]

カンガルー島写真日記 ~ドライフォレスト~

まだまだつづきます、カンガルー島写真日記。今日はドライフォレストの写真をまとめてみます。

写真日記をはじめから読む

IMG_0717.jpg

私たちが泊まっていたキャラバンパークはカンガルー島の南西部。フリンダーチェイスという、島内でかなりの面積を占める国立公園のすぐ近くでした。国立公園内は、上の写真のようにただただドライな背の低い森が広がっています。

ドライとはいえ、ドライな環境に適当した様々な生きものがそこには住んでいて、私たちの泊まっているキャンプサイトにも、カンガルーやワラビー、コアラ、ポッサムなどが当たり前のようにテントの横を通って行くような場所でした。

s-IMG_1468_edit.jpg

[続きを読む]

カンガルー島写真日記 ~港~

カンガルー島の一番の魅力である海辺の自然は以前ご紹介しましたが、今回はその延長でもある港の生きものの写真をご紹介。

写真日記をはじめから読む

キングスコートの港では、毎日夕方5時にペリカンの餌付けショーがあります。そのため、ここの港にはペリカンを始め、魚を食べる海鳥が沢山集まります。

IMG_0250.jpg


[続きを読む]

カンガルー島写真日記 ~太陽と月~

カンガルー島写真日記の続き。今回は太陽と月の写真をまとめてみます。

イントロから読む

まずは、太陽から。

こちら、リマーカブルロックスにご来光を拝みに行った時の写真。
ちょっと出遅れて、着く前に太陽が昇り始めてしまったので、リマーカブルロックスを見下ろす丘から日の出を拝みました。
IMG_1015_20151027231559690.jpg
IMG_1006.jpg

[続きを読む]

自然観察ツアー@センテナリーレイク ~当日編~

準備編から読む

そして迎えた当日!
前夜に降っていた雨も嘘のように止み、いいお天気!来てくださったのは、とっても元気なご一家。エネルギーにあふれるお母さんと、元気いっぱいの子供たち4人、そしてその時日本から尋ねていた子供たちのおばあちゃんもご一緒でした。

まずは自己紹介や安全上の注意、生きもの探しを楽しむコツなどを一通り説明して、日焼け・虫除け対策をしてさぁ出発!

IMG_1685.jpg





[続きを読む]

自然観察ツアー@センテナリーレイク ~準備編~

まだまだカンガルー島の写真日記も完結していませんが、割り込み投稿。
s-cover.jpg

これももう2週間前のことになりますが、カンガルー島から帰って早々、ケアンズウィングのお声がけにより、センテナリーレイクにて親子向けの自然観察会をしていました。

この観察会をしようということになったのには、色んな人との繋がりとそれぞれの目指すものとがマッチして実現したのですが、このブログではそこは割愛。ケアンズウィングの生みの親でもあり、Pouchというお店を経営しながら色んな情報を発信してケアンズの日本人コミュニティを繋いでいる恵子さんが、素敵な宣伝文の中にその経緯を書いてくださっていますので、詳しくは恵子さんのブログをご覧ください。
  恵子さんのブログリンク
  「『ケアンズの自然の素晴らしさ再発見』シリーズ企画始めます✨」
  「ネイチャーウォークのお申し込み開始しました」


このネイチャーウォークで一緒にガイドをしたのは、お馴染みのこの方。
s-IMG_0675_crop.jpg

今年ケアンズ入りして約一年ネイチャーフォトグラファーとして活動してきた、私の大学の後輩でもあるTakara君です。撮った写真を基にとても素敵な文章を書くので、ケアンズの様々な魅力を発信する目的で誕生したケアンズウィングに彼を紹介したところ、さっそくライターとして活躍し始めてくれました。その新しい繋がりと色んな個人的なやりとりから話が進んで、観察会実施へといたりました。

こういうローカルの親子向けの自然観察会を以前からずっとやれたらいいなと思っていたので、実現できて本当に嬉しい。まさに、「アニマル」×「エデュケーション」の両方の要素を活かすオフィシャルな機会!さっそく準備に取り掛かりました。



[続きを読む]

カンガルー島写真日記 ~花畑とラグーン~

イントロから読む

海の自然もさることながら、陸の自然もとても美しい、カンガルー島。全くの手付かずの自然だけでなく、人の生活が自然と共存しているからこその自然の姿というのもあります。この島では牛や羊毛の生産も盛んなようで、島のかなりの面積が放牧用の農地として使われています。そういった農地では、開けた土地に手入れのされた低い牧草が一面に広がっているので、日当たりの良い地面に咲く花やそこに群がる虫、それを食べる鳥などが集まり、なんともオーストラリアらしい風景を作り出すのです。

季節は今、春。カンガルー島はそこかしこできれいな花が咲いていて、なんだかメルヘンチックな黄色い花畑が沢山ありました。このページでは、そんな花畑をバックに撮った写真をまとめてみます。

s-IMG_0235.jpg

[続きを読む]

カンガルー島写真日記 ~海辺~

イントロから読む

カンガルー島の見所は、何といっても海辺。その姿は、鋭く切り立った岩崖もあれば、おだやかな砂浜も、船の出入りする港もあります。南海岸のはるか4000km先には南極大陸を望み、そこにはクジラやイルカ、アシカ、オットセイ、ペンギンなど、様々な海獣類が命を育んでいて、多くの観光客はそれらを目当てにこの島までやってきます。

そんなカンガルー島の海辺の姿を一つのカテゴリーにまとめてみました。

s-IMG_0733.jpg 




[続きを読む]

カンガルー島写真日記 ~到着~キャンプサイトの朝~

イントロから読む

カンガルー島までのアクセスは、アデレードからレンタカーを借りてカーフェリーにて。フェリーポートへと車を走らせる途中、もう向こう岸には島が見えています。
IMG_0032.jpg

レンタカーごとフェリーへ。
IMG_0038_20151001175507364.jpg

1時間もかからずに島に着きます。
IMG_0044.jpg

[続きを読む]

カンガルー島写真日記 ~イントロ~

Australia_Kangaroo_Island.png      IMG_0050.jpg
               <左:画像提供Wikipedia>

9月24日から29日までの6日間、アデレード沖にあるカンガルー島に旅行していました。カンガルー島はオーストラリアで3番目に大きな島で、その面積は東京都の約2倍。人口は4500人程度しかおらず、島の大部分が自然そのままに保たれていて、そこには様々な野生動物が住んでいます。森にはカンガルーはもちろんのこと、数種類のワラビー、コアラ、ポッサム、ハリモグラ、多種多様なオウム・インコ類、樹上性の小鳥たちなどが沢山いて片時も休まずに私たちの目を楽しませてくれましたし、海辺に行けばオットセイやアシカ、ペリカン、様々な水鳥がのんびりと休んでいるのを見ることができ、とても癒されます。そして南極大陸からわずか4000kmしか離れていないこの地にはペンギンも住んでいて、こんな「ペンギン注意」の道路標識もあるんです。こんな野生動物パラダイスに趣味を同じくする仲間と一緒に来てしまったものだから、テンションは常に上がりっぱなし!それはもう、言葉には言い表せないほど感動に溢れ、楽しい会話が始終絶えなかった6日間でした。



IMG_0056.jpg    IMG_0057.jpg 

一緒に行ったのは、以前からよく一緒にフィールドに出かけているワイルドライフフォトグラファーの友人二人。二人の撮る素敵な写真に刺激を受けて、私もこの旅行の直前に新しいカメラを買ってしまいました。と言っても、二人のバズーカカメラ(超望遠レンズの付いた一眼レフ)のような大きなカメラは私には持ち運びが難しいので、あくまで携帯性を重視して、Canonのコンパクトカメラ Power Shot G16というモデルを買いました。これまでもカメラは割りと好きで、コンデジ派ながらにも腕を上げる努力はしてきましたが、やっぱり腕を上げるほどに良い機械が欲しくなるというのが欲というもの。「片手で気軽に撮れるカメラ」というこだわりの中でも、「動きのあるシーンを撮りたい」「連写機能が欲しい」「処理速度が速いものがいい」なんて色々欲が出てきた結果、G16に出会ってしまったわけです。それまで使ってきたPower Shot SX160は動く被写体には弱いもののズームと操作性が優秀なので、そっちも併用しながら、新しいカメラに備わった機能を使ってこれまで撮り逃してきたシーンを今回の旅で試すことに。
10389603_10154276858411110_5602499345269024845_n.jpg 





そんなわけで、今回の旅日記は、写真にフォーカスを置いて書くことにしました。一日一日の行程を文章でストーリー立てて書く今までの旅日記と違って、たまには写真とシンプルなキャプションだけで旅を記録するのも面白いかと思い、今回はこんな風にカテゴリーわけして写真をアップして行こうと思います。

到着~キャンプサイトの朝
海辺
花畑とラグーン  
太陽と月 

ドライフォレスト
仲間

[続きを読む]

日本語スピーチ大会

今日は日本語のスピーチ大会に生徒たちを引率して行ってました。

いやぁあ、この日のために先学期から色々準備を進めてきたのが全て報われた!オーディションから始まり、選ばれた子達が今日に向けて何度もスピーチを練習し、当日ドキドキワクワクしながらスピーチをし、結果がどうであれ参加したことに誇りを持つ生徒たちの姿を見ると、どんな苦労も報われる気持ちになります。


帰りのバスの中、メダルを取った3人の生徒たちと他の生徒たちに「みんなよく頑張ったね、おめでとう!」と言ったら、一人の生徒が
「でも、一番金メダルをもらうべき人はセンセイだよ!今日のために沢山準備してくれて、僕たちをサポートしてくれて、ありがとう!」
そういって、生徒たち全員から大きな声援をもらいました!!


もう、これだからどんどんワーカホリックになっていくんじゃないか!この子たちのためなら、いくらだって頑張る気になれちゃうよ・・。


し・あ・わ・せ~~♪

テーブルランド鳥見ドライブ

IMG_0516.jpg

このホリデー中、友人と二人で2回メジャーな鳥見ドライブに行きました。「鳥見ドライブ」と勝手に言葉を作りましたが、ある地域に行けば見られるであろう、割と珍しい鳥を探しに行く目的で行くドライブトリップのこと。今回は1回目はヒクイドリ(英語ではCassowary)という世界で三番目に大きい鳥に逢いたくて、ケアンズから南へ2時間くらい車を飛ばしたところにあるミッションビーチという場所に行きました。でもその日はなんだかハズレの日だったらしく、丸一日いたのにヒクイドリにもこれといった鳥にも逢えずに引き返すという悔しい日となってしまいました。そのリベンジも兼ねて、昨日はケアンズから内陸に入ったアサートン高原周辺で別の鳥と生き物を探すドライブに行ってきました。前回とは打って変わって、この日は大収穫!普段ケアンズでは会えない鳥たちや生き物、風景に沢山出会うことができました。

[続きを読む]

ケアンズの夕焼け

夕焼けの写真を撮るのは日本でもオーストラリアでも海外でも好きなのですが、ここの夕日が日本とも他の今まで行った国とも違うなと思うのは、その色。青、オレンジ、ピンク、紫とだんだん変わっていく空がきれいなグラデーションを作るのですが、私が一番好きなのは、オレンジの西日に照らされる風景が色を変える時と、4色のグラデーションが同時に見られる空で、広がる雲がピンク色に染まるとき。

スクールホリデーに入り、気持ちがゆったりとした中で見る夕焼けの景色を、写真に撮ってみました。

s-RIMG0576_edit.jpg
まずはこの写真、2年前の同じ季節に撮ったサトウキビ畑の写真です。ケアンズのアイコン的存在であるキュランダ列車が通るタイミングでシャッターを切りました。サトウキビは毎年6~7月ごろに花を咲かせ、日中はサトウキビ畑が一面白く輝くようになります。この同じ場所、同じ季節の写真が、夕日に照らされると、まるで魔法をかけられたように色が変わります。

[続きを読む]

鳥のねぐら

毎日日が沈む時間になると、うちの近くのショッピングセンターのねぐらに帰ってくる鳥たち。

IMG_0176_2015070222453109d.jpg

[続きを読む]



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。